• > 
  • 可か不可か!埼玉の家で壁面アンテナ工事が出来るか検討

可か不可か!埼玉の家で壁面アンテナ工事が出来るか検討

戸建ての家で、テレビを見るにはアンテナ工事が必要です。そのアンテナにもいろいろ種類があります。その中でも人気なのが壁面アンテナです。その名の通り、家の外壁に取り付けるタイプのアンテナです。デザインアンテナなどとも呼ばれています。スタイリッシュで目立たないところが支持される理由です。
しかし、このタイプは全ての家で取り付けできるわけではないようです。埼玉の家にも工事ができるか検討します。

壁面アンテナと一般的なアンテナ工事の違いは何か

一般的に、アンテナと言うと、屋根の上に設置されている鉄の棒状のものが組み合わさったものを想像する方が多いのではないでしょうか。これは八木式というタイプのものです。これは、屋根の上という高い位置に設置するので、電波を受信しやすいです。電波の受信状況が悪い地域でもこれを利用すれば、テレビを見ることができます。棒を電波の送信所のほうに向けて、調整するという至ってシンプルなものです。
対して、壁面アンテナは屋根の上ではなく、家の外壁に取り付けます。高い位置ではありますが、屋根よりは低いです。最近では、だんだん性能がよくなってきていますが、電波の受信状況が極端に悪い地域だと、不向きです。設置する場合は壁に穴を開ける必要がある場合もあります。

壁面アンテナの種類とメリット・デメリット

いろいろなメーカーから壁面タイプは出ていますが、どれも薄い箱型です。メーカーによって、大きさ、薄さに違いがありますが、大きな違いはないでしょう。そんな壁面アンテナのメリットについてお伝えします。
第一のメリットは、外観を損なわないことです。せっかく建てた新築の一戸建て住宅ですから、外観は美しく保ちたいものです。このアンテナだと、薄い箱型なので目立ちません。カラーバリエーションも3~4色あるものがあり、壁面の色に合わせることもできます。デメリットとしては、電波状況が悪い地域では使用できない場合があることです。また、ちょうど電波の送信所の方向の壁に設置することが望ましいので、設置する場所が限られます。

壁面アンテナ工事の料金相場

アンテナ自体の値段でいうと、壁面アンテナは八木式に比べて高く、約1万円ほどです。しかし、取り付け方法は、八木式よりも簡単だということです。壁面アンテナの場合は、ブースターとなるものも内臓されていますが、電波が弱い場合ブースター別途取り付ける必要があります。そのため、八木式よりも工事費用が高くなり、5万~8万が相場です。もちろん、家の状況によって、追加の費用がかかったり、何もオプションが要らなかったりとケースによって異なります。一つの目安として考えてください。また業者によっては、キャンペーンなどで割引してくれることもありますので、少しでも設置費用を浮かせたい場合は活用していきましょう。

まとめ

壁面アンテナは、目立って、外観を損なうことがないので、こだわりの新築一戸建てを建てた方にはおすすめです。料金も一般的なアンテナより高いイメージを持っている方が多いですが、実はそんなに高くはありません。
しかし、どんな建物にも設定できるわけではありません。設置できるかどうかは、電波の受信状況や近くの送信所の方向の壁の状態などによって決まります。気になる方は、評者に相談して、設置できるかどうか、どこに設置したらよいのかを見てもらうとよいです。

この記事をシェアする