• > 
  • 最新情報!4K/8Kに対応できるのはテレビとBSアンテナ!?

最新情報!4K/8Kに対応できるのはテレビとBSアンテナ!?

既に4Kテレビは販売されており、4K対応の番組を放送しているテレビ局もあります。非常に美しい映像なので、まるでその場にいるような雰囲気になれます。その放送をみるためには、対応しているテレビが必要です。
そして、今後は今のBSアンテナでは見られなくなり、専用のアンテナに交換しなければならないというのです。4K/8K放送と、テレビ、BSアンテナとの関係について、最新情報を調べてみました。

4K/8K放送とアンテナ工事の関係とは

4K/8Kテレビというのは聞いたことがある方も多いと思います。最新のテレビは画素数がどんどん高くなっており、より鮮明な、きれいな映像を見ることができるようになっています。画面を通した映像というよりも、まるで、実物が目の前にあるようです。スポーツ番組やコンサート、旅行番組での自然などを見るのに適しているでしょう。
美しい映像を見るために、4Kテレビを既に購入されている方もいると思いますが、実は、今後のBS視聴ができなくなるというのです。ニュースによると、2018年から始まるBS放送は、今の4Kテレビでは見ることができず、別途チューナーを設置しなければならないというのです。

BSアンテナが4K/8K放送にどう対応できるのか

すでに4K映像のテレビ番組を配信しているテレビ局もあり、4K対応のテレビでは美しい映像を楽しむことができます。しかし、4K/8Kはまだまだ試験段階なのです。BS放送に関して言うと、現在4Kの試験放送を行っています。そして、2018年からは、実用放送が開始され、それに伴い現在のBSアンテナでは受信ができなくなるのです。
一戸建ての家はもちろん、集合住宅でも変更の工事を行わなくてはなりません。これまでは通常のBS放送受信のアンテナを設置していた場合は、4K/8K対応のアンテナの設置が必要です。ただ単に、4K/8Kテレビを買えばいいということではないのです。アンテナだけでなく、分配器やブースターなども交換しなければならないので、自分で変えるのは難しそうです。

4K/8K放送に対応させるタイミングとは

現在放送中のBS放送CS放送は、既にお使いのアンテナで視聴することができます。BS右旋放送という電波で放送する4K放送は今後も見ることができます。
しかし、2018年から実用放送が開始されるBS左旋放送という電波で放送する4K/8K放送は見られません。したがって、全てのBSの4K/8K放送を見るためには、右旋左旋対応のアンテナに交換する必要があります。もう、そのアンテナを発売しているメーカーもあります。
ちょうど、BSアンテナを設置しようと考えていた方は、全対応のものにしたほうがいいでしょう。まだ少し時間がありますが、2018年の放送開始時期になると工事が込み合う可能性があるので、早めに検討しておいたほうがよいです。

まとめ

4K/8K放送が見られるようになると、臨場感溢れる映像が楽しめるので、家にいながらその場にいるような気持ちになります。スポーツ番組やコンサートなどがより楽しめます。2018年からは、新しい4K/8KのBS放送が開始されます。それを見るためには、専用のアンテナが必要です。現在のアンテナから交換をしなければなりません。その時期が近づくと、工事の混雑が予想されるので、早めに検討しておくことをおすすめします。

この記事をシェアする