• > 
  • 他の部屋でもテレビが観たい!増設の方法とアンテナ工事

他の部屋でもテレビが観たい!増設の方法とアンテナ工事

ご自宅のテレビはどこにおいていますか。多くのご家庭では、家族が集まるリビングにテレビを置いているかと思います。しかし、寝室や書斎、子ども部屋など別の部屋でもテレビを見たいときにはどうすればいいのでしょうか。家族で別々のチャンネルを見たいときもあります。しかし、テレビを追加で購入するだけでは見られません。配線、アンテナ工事などが必要になるのでしょうか。増設の方法についてくわしくご案内します。

他の部屋でもテレビを観るための方法とは

テレビ放送を見るためには、端子に接続をしなければなりません。一般的には、リビングになどに設置されてあります。これはテレビ用のコンセントのことで、ここにアンテナから電波が通ってきているのです。物件によっては、この端子がいくつかの部屋に設置されている場合もあります。端子ある部屋ならば、そのまま接続すればよいのですが、端子がない部屋にテレビを増設したい場合には、分配器を使うという方法があります。
分配器を使うと、アンテナから受信した電波を複数に分けて、送ることができます。複数のコンセントがある延長コードを使うようなイメージです。分配器とケーブルの購入をして、配線をすれば見ることができるようになります。

テレビを他の部屋で観るための環境をチェック

テレビによっては、工事やケーブルの配線をしなくても、他の部屋で見られる方法があります。それは、ワイヤレスのネット回線を使って、アンテナから受信した電波を送受信する方法です。これを使うにはもともとのテレビ及び増設するテレビがワイヤレス対応機器であることが条件です。また、自宅にネット環境があることも必須です。この二つの条件に合えば、ワイヤレス送受信用の機器を各テレビに接続し、ネットワーク設定を行えば、複数個所でテレビが楽しめます。
ワイヤレスなので、わずらわしいケーブルもありませんし、大規模な工事をしなくても済みます。ただ、対応のテレビではない場合はテレビの買い替えという費用がかかってしまいます。

テレビを観るためにコンセントを増設する場合の注意点

分配器を使って他の部屋から電波を引く方法もありますが、コンセントがある部屋から遠くの部屋や階数が違う部屋まで延ばそうとすると不便です。それに、電波を分けるので、弱い電波になります。したがって、コンセント(端子)を増設するのが便利です。
これには、本格的な工事が必要で、注意点としては、状況によってかかる費用が異なることです。数千円でできる場合もありますが、数万円かかってしまうこともあります。
一度工事をしてしまえば、快適なテレビライフが楽しめます。増設しようと考えている場合は、まずどの部屋に増設したいのかをしっかりと決めた上で、業者に相談して見積もりを出してもらうとよいでしょう。

まとめ

メインのテレビがある部屋だけでなく、他の部屋にも増設することは可能です。増設する方法は、分配器を使う方法、ワイヤレス機器を使う方法、コンセントの工事を行う方法といくつもあります。ケースによって費用も異なります。
お住まいの自宅の部屋の状況、環境と要望によって、どのような方法で増設するのかを検討してみてください。自分で判断できない場合は、業者などに相談するとよいです。増設することによって、ますます快適な生活が楽しめることでしょう。

この記事をシェアする