• > 
  • テレビアンテナ工事の業者の失敗しない選び方

テレビアンテナ工事の業者の失敗しない選び方

テレビを見るためにはアンテナは必要になります。しかも、ただ買ってきて設置すれば良いというものではありません。建物の一部として、立地条件も加味し天候影響を受けながら長い間だ使い続けることになります。

設置工事も確実でアフターフォローの面も充実している業者を選ばないと後々トラブルにもなります。この機会に選ぶポイントを理解することが大切です。

アンテナ工事への疑問を解決しよう!

工事に関連して調べていると価格差があることに気づくと思います。その差はどうしてでるのでしょうか?その点について少し触れてみたいと思います。一番気になる費用ですが、同じ工事内容であればどの業者もにたような格帯になると思われますが、実は、地域差も大きく影響しています。

アンテナ工事にかかる費用の大部分は作業員の労務費になり、労務費の規準は都道府県ごとに違いがあります。その違いが費用に影響してくることが多いのです。因みに東京都だと電気工事では19,000円前後、埼玉県は13,500円前後になります。この差だけでも5,000円も差が出てしまうことになります。

アンテナは屋根上以外にも設置可能になっています。これは、近年、壁面や屋根裏などに取り付けるボックス調デザインのアンテナがあります。屋根に設置するものと違うので一目でアンテナとはわかりません。家の景観に溶け込み違和感がないのが特徴です。

ブースターは絶対に必要なのかという声もあります。電波塔から近いとそれだけ受信も強いのですが、離れれば離れるほど電波は弱くなります。弱い状態では視聴もできません。そこで受信した弱い電波を増幅する必要があり、増幅に役立つのがブースターです。また、電波受信が十分でも何部屋も分けるときは、分ければ分けただけ電波は弱くなるのでブースターが必要になります。

家の立地条件で変わる必要なものを把握し業者を選ぼう

設置をする場合、平均的な工事費は概ね50,000~60,000円程度が相場です。この価格は一定の条件が揃っていることで可能な費用になります。費用に関係する項目は、電波塔からの距離、立地条件、周辺の建物環境、接続するテレビ台数や分岐させる部屋数などて費用が変わってきます。

それぞれの項目で具体的に見ると、立地条件では電波強度や品質に影響しますので条件の善し悪しによりアンテナを選定することになります。また、接続するテレビ台数や部屋数が増えればブースターも必要になります。また部屋ごとに分けるためには分配器も必要になります。その他、地デジ以外にBS・CSなどを組み合わせるとパラボラや混合器と分波器も必要になり、全て費用に加算されていきます。

基本的な工事内容があって、立地条件と調査で得た条件に必要な機器を追加して最終的な費用となるのです。サイト上で低価格を提示しているのは基本内容だけと考えておくと良いと思います。ブースター追加だけでも万単位の費用加算になります。

どんな業者だといいのだろうか?

サポート面を考えると県内の業者を選ぶことが良いと思います。障害や不都合がでたときでも迅速に駆けつけてくれる確率が高いからです。大手量販店は安心感はありますが、こうした対応は下請けに依頼するので時間がかかります。インターネットなどで地元を調べるのが良いでしょう。またランキングサイトの評価も参考になります。

工事費用なども提示されていますが参考程度と考えください。実際に問い合わせて確認することで実際の費用が確認できます。平均的ですが概ね5~6万円になります。さらにアンテナ設置後の保証の有無も確認してください。

そして、電話連絡をした応対や「見積書」をお願いしてみてください。少しでも見積書を渋ったり口頭で説明しようとしたりするようなら敬遠すべきです。そもそも見積書は工事をする上で大切な指標となるのです。また、見積書も現地調査がないと具体性や正確性がかけてきます。選ぶポイントとしては、「見積書」を作成し内容も具体的、設置後の「保証」が3年以上あるのかになります。

最後にアンテナ工事をするためには、電気通信工事業の資格が必要になります。エアコンや配線などの工事資格が「電気工事業」なので異なります。確認してみるようにしてください。

まとめ

業者選びはアンテナ設置をするうえで一番重要になります。設置すれば十数年は使用しますのでアフターフォロー(保障面)もしっかりしているところをインターネットの専門サイトなどで調べて選んでみてください。ここで説明したことを活かして欲しいと思います。

この記事をシェアする