• > 
  • 新築向けテレビ用アンテナの種類について

新築向けテレビ用アンテナの種類について

テレビアンテナの種類と言うのは大きく分けて3種類あります。1つが長さの違うアンテナがいくつも出ているUHFアンテナ、そして人工衛星からテレビ電波をキャッチする衛星放送アンテナ、あとは屋内に設置するタイプです。衛星放送アンテナは他の種類と違って円形になっているため、すぐに違いに気づくと思います。また近年では新築で住宅を建てる際には衛星放送アンテナを立てる事が多いと言われています。そんなテレビアンテナの種類や特徴を説明します。

テレビアンテナの種類を説明!新築を建てた方必見

念願の新築住宅を建設し、やっとの事で新しい生活を送る事が出来るようになったものの、やはりテレビが無いと寂しいと思われる方は割と多くいます。ただ、テレビアンテナを設置しようとしても、実際に調べてみると様々な種類があるのでどれを選んだらいいかわからない方もいることでしょう。アンテナでポピュラーな形式と言えば昔ながら利用されているUHF、VHFアンテナです。VHFアンテナに関してはアナログ放送の際に使われていたものなので、新規で設置する事は無いでしょう。UHFに関しては13~62チャンネルのチャンネル帯のテレビ派を受信するアンテナになります。この形式は向きが非常に大切で、正しい向きに設置しないと場合によってはテレビ視聴が出来ない事もあります。しかしこのテレビアンテナは金額がリーズナブルですし、昔ながらの形状で親しみやすいと言う理由で根強い人気を誇っています。新築住宅を建て、アンテナにかかる費用を抑えたいと言う場合にお勧めです。

新築住宅をオシャレに!様々なテレビアンテナ

続いて紹介するのが衛星放送のテレビアンテナです。この形式は円柱や四角い形をしている事が多く一見アンテナだと分からない事があります。せっかく新築を建てたのだから外観にもこだわりたいと言う方に支持されていると言われています。この形式はUHFアンテナよりもやや金額があがりますが、人工衛星からのテレビ波をキャッチしてくれるので電波感度も良くなっています。向きに関しても従来のテレビアンテナ程、こだわる必要も無いので自身で設置をされる方も増えているとの事です。また屋根に設置するタイプでは無くベランダや階段の手すり、壁にそのまま取り付けるタイプもあり、大きさも様々なものがあります。ブースターと言う感度を強くする機能が元々搭載されているものもありますので、ケースによってはこのタイプを取り付ける方がお得になる事もあります。

室内に置くテレビアンテナ!新築だからこだわりたい

これまでに紹介してきたテレビアンテナは全て屋外に設置する必要がありましたが、実は屋内に置くだけで良いアンテナが存在します。これなら面倒な設置工事も不要ですし、見た目もオシャレな形のタイプが多いので新築でインテリアにもこだわりたいと考えている方にぴったりです。また大きすぎないものも多数ありますので、そんなにスペースが無いという場合も安心です。屋内設置型だと電波感度が悪い様なイメージがありますが、テレビアンテナとしての機能を十分に発揮してくれるので心配はいりません。金額に関しても安価なものが多く、節約したいと言う方に向いています。今までにUHFアンテナを屋根裏などに設置すると言うケースはありましたが、電波の形式が異なるのであまり感度が良くないと言われていました。それを覆すのがこの屋内設置型のアンテナです。

まとめ

テレビアンテナの種類は大きく分けて3種類で、そのどれもが様々な特徴を持っています。金額が安価で昔から利用されている為、信頼性抜群のUHFアンテナは屋根に設置するのが主で電波感度によっては屋根裏などに設置する事が出来ます。設置の際に向きが重要であり、重さもありますので素人が設置するのは難しいと言えます。衛星放送テレビアンテナに関しては形が様々で、新築の為外観を重視したい時に向いています。ブースター内蔵型や屋根ではなくベランダや階段の手すりに設置できるコンパクトながら、機能性は十分なタイプがあります。そして最後に紹介するのが屋内設置型のアンテナです。金額も安価ながらフルパワーなタイプが多く年々需要を上げています。テレビアンテナに関してはこの様な種類がありますので、自宅の方角や形式、外観によって選ぶと良いと言われています。

この記事をシェアする