• > 
  • 地デジアンテナ室内設置と室外設置の比較

地デジアンテナ室内設置と室外設置の比較

アンテナは、その物自体もいくつかの種類がありますし、さらに室内用と室外用があるので、設置前にこの違いを知っておく必要がありそうです。自分の住宅環境によったり、個人の趣向などもありますので、自分にとってメリットの高いものを選択したいものです。

自宅の電界強度について必ず調べる

必ず設置前に調べなければいけないのが、電界強度ではないでしょうか。地デジアンテナの設置において、必須項目となるでしょう。これは何かというと、簡単に言うと、電波の強さということになります。その強さは3段階に分けられることが一般的で、強と中と弱といった具合です。この段階があることを知っておかないと、調べる時に基準がわからなくなりますね。電波を測る機械を買うこともできるのですが、他にも方法はあります。一つは、近所を散歩してみることですね。すでに設置している住宅がほとんどですから、室外用の物であれば、確認することができるわけです。もし、室外用があまり無いということであれば、室内用を設置している可能性があります。ただ、まだまだ室外用を利用しているお宅が多いかと思うので、あくまで参考ということになるでしょう。さらに、情報を確実にするためには、家電量販店などで聞いてみることです。設置を検討しているわけですから、その流れで質問すれば、答えてくれると思われます。

アンテナの違いについて、しっかりと把握する

室内用というのは、室外用と比較すると、電波を受信するのに、障害が多くあります。たとえば、電界強度が「弱」だと設置は不可能ということになりそうです。強さとしては中以上ということになるのですが、さらに障害は極力少ないということが必要になってきます。室外であれば、樹木だとか近隣住宅などと、比較的障害物が少ないのですが、室内だとその建物そのものの壁だとか柱も電波の障害になります。電波というのは、障害物あると反射をする性質があるので、室内用はこの反射がしにくいように作られているそうです。室外に置くと、住宅としての見た目が気になる方もいらっしゃるかと思います。その場合には、室内用を検討しても良いのですが、はたして実際に設置できる環境にあるかどうかの確認をしっかりする必要がありそうです。特に、自分で設置をすることを検討しているのであれば、尚更ですね。業者に頼むにしても、この違いを知っていると、設置による失敗を防ぐことができるように思います。

将来の修理や交換といった可能性についても考える

地デジを利用し始めて、年月が経つと、必ず直面するのが、修理や交換ということになります。機械というのは、永遠に使える物ではないので、先のことも考えて室内外用のどちらにするかを検討すると良いのではないでしょうか。自分で修理や交換をする可能性が高いのであれば、断然、室内にあった方がやりやすいですね。少しでもテレビの映りなどが悪くなれば、確認することもできるでしょう。外にいかなくても、すぐに機械を見ることができるメリットですよね。それに、電波の受信環境というのは、変更したりもしますので、必要に応じでアンテナを移動させて、受信環境を変えていくこともできそうです。室外となると、個人でも処置は可能ですが、やはり業者に依頼するパターンが多いのではないでしょうか。また、室外だと、外の環境による劣化だとか故障も受けやすいので、その可能性も頭に入れておいた方が良さそうですね。ただ、障害物がそんなに多くないので、移動の可能性は低いかもしれません。

この記事をシェアする