• > 
  • 地デジアンテナの屋根裏設置は可能か?

地デジアンテナの屋根裏設置は可能か?

地デジにはアンテナがつきものですが、それって住宅の外に設置するだけでは無いというのをご存知でしょうか。アンテナの設置イメージは外ということなのでしょうが、実は室内設置も可能なようです。でも、屋外が多いというとは、そこにも当然ながら理由があるでしょう。ここでは、屋根裏設置のメリットとデメリットを紹介しますので、屋外との違いを知ってから、設置場所を考えてみても良いのかもしれません。

屋根裏に地デジアンテナを設置して、本当に電波をキャッチできる?

屋根裏に地デジアンテナを設置する主なメリットとしては、建物の外観を損なわない、アンテナが雨風に晒されないため耐用年数が屋外設置と比べて長くなることではないでしょうか?では、テレビを見るうえで重要な電波の受信状況はどうなのでしょうか?結論から申し上げますと、屋根裏の設置は屋外設置と比べて受信レベルが低くなるのが一般的なようです。屋根裏の設置は屋外設置と比べて受信レベルが低くなるのが一般的なようです。理由は、屋外設置と比べて電波を遮る要素(壁や屋根)が多いためです。雪が積もる場合でも電波が弱くなることがあるようです。また、太陽光パネルを設置した場合映らなくなるようです。したがって、もともと電波の受信状況が良い場合には屋根裏設置も一つの選択肢となるでしょう。

屋根裏に地デジアンテナを設置することのメリット

さて、前項でも少し触れましたが、屋根裏に地デジアンテナがあるメリットを考えたいと思います。まず、単純でしかも哀切なポイントとしては、景観ではないでしょうか。街並みに配慮する必要があった場合や、特に一軒家を購入したとして、美しいその家の景観を崩したくないと思う場合に屋根裏設置が有効な手段となります。また、台風などの災害による被害を避けることができるということです。台風などによって、倒壊した場合は別途修理費用が当然必要になってきます。また、倒壊しなくてもアンテナの調整が必要な場合も高所の作業となるため、危険が伴います。屋根裏であれば雨風に晒される危険性も、倒壊の危険性もないため、アンテナ自体の耐用年数も長くなります。また、映りにくくなった場合のアンテナ調整も、わざわざ危険な場所に行く必要もありません。したがって自分でアンテナ調整することも可能ですし、業者に費用を払わずに済んで経済的であることもメリットでしょう。

屋根裏に地デジアンテナを設置することのデメリット

反対に、屋根裏に地デジアンテナを設置することのデメリットは何でしょうか?屋根裏アンテナを設置する場合、ある程度のスペースが必要になります。例えば、屋根裏を物置として使っている場合、工事に必要なスペースもアンテナ設置のスペースも確保できないことがあります。またアンテナ自体も通常のアンテナに比べると高額になる傾向にあります。一番のデメリットはやはり、電波の受信状態が悪くなることです。壁の他にも、屋根の素材によっても電波が通りやすいものと通りにくいものがあるようです。特に、瓦やアスファルトルーフィング(雨水が屋内に進入するのを防ぐために使用されるもの)は電波を通しにくい傾向にあるようです。屋根裏を断熱材で断熱してある場合も電波が通しにくいようです。また、電波を保つためにブースターが必要になるケースが多いです。したがって、屋根裏に地デジアンテナを設置を考えている場合は、まず屋根裏で電波の受信レベルを確認する必要があります。ちなみに、BSアンテナの屋根裏設置ですが、絶対に不可能とは言いませんが、かなり難しいようです。

この記事をシェアする