• > 
  • 新築一軒家買った際の検討すべきテレビアンテナの種類

新築一軒家買った際の検討すべきテレビアンテナの種類

多くの人が経験しているのではないかと思うのですが、新築一軒家というのは、あとは基本的にガスや水道などの手配をすれば、住めると思っていたのに、そうではありませんね。それと同様に、アンテナがなければテレビが見られません。テレビのアンテナはいくつか種類がありますので、生活スタイルに合ったアンテナを選んでください。

室外アンテナなら八木式アンテナか壁面アンテナ

八木式アンテナは、地上デジタル放送が始まる前から広く普及していた形式です。形は魚の骨のような形をしています。一般的には屋根上に設置されていることが多く、アンテナと言えばこの形式をイメージされる人が多いともいます。価格は4000円が相場のようです。欠点としては、雨風や雪などの天候また鳥の棲み処になる可能性が高く、外的要因による損傷や倒壊の危険性があります。また修理にしても屋根上に上る必要があり、危険が伴います。これに対し壁面アンテナは、薄型で平面で八木式アンテナよりもデザインがすっきりとしているのが特徴です。価格は、八木式アンテナと比べて効果で10000円が相場のようです。家の壁やベランダに取り付けることになるのですが、特に外壁の場合は屋根上と比べて電波が弱くなることが多く、電波の状況によっては外壁には取り付けることができないことがあるので注意が必要です。とはいえ、戸建ての外観を損なうことがないので、ご自宅の電波の状況次第では有力な候補となるでしょう。

室内アンテナなら壁面アンテナか室内専用アンテナ

室内にアンテナを設置するメリットは、室内に設置するため、雨風にさらされる心配がなく結果として、アンテナ本体の耐用年数が長くなることです。前述した、壁面アンテナは、室内でも取り付けが可能です。取り付ける場所は主に屋根裏になると思います。ただ気を付けなければいけないのが、外壁やベランダ設置と比べてさらに電波が弱くなることです。これが原因で、電波を一定に保つためにブースターが必要になることもあります。また室内専用のアンテナもあります。室内専用アンテナのメリットは、室内に置くだけですので、アンテナ設置のための工事費が不要なことです。価格は3000円〜10000円が相場のようです。この場合もやはり、電波が弱くなります。従って室内にアンテナを設置する場合は、室内の電波の受信レベルを確認する必要があります。受信レベルに問題なければ室内アンテナを設置するのもよいかもしれません。

テレビチャンネルを満喫したいのであればbsやcsアンテナも必要

とにかくテレビ視聴を楽しみ尽くしたいのであれば、bsアンテナもしくはcsアンテナを検討してみる必要がありそうです。新築一軒家を購入したことをきっかけに生活レベルのアップをしたいという方も結構いらっしゃるように思います。そうすると、地デジで視聴できるテレビチャンネルだけでなく、プラスアルファーのチャンネルを豪華に楽しみたいということになるのではないでしょうか。それであれば、bsだとかcsのチャンネルの利用ということになりますね。どのような内容のチャンネルを利用したいかによって、契約プランが変わってきますので、まずはチャンネルの検討ということになりそうです。たくさんあるチャンネルですから、迷ってしまいそうですが、契約内容の変更などを含めて、決めていけば良いと思います。自分の好みのチャンネルからスタートさせて、変更することも可能になってきますから、とにかく取扱い業者に内容をしっかりと確認して、自分のニーズを満たしてくれるところを探すことが良いように感じます。

この記事をシェアする