• > 
  • 困ったさん必見!新築のアンテナ工事の方法とコツを知ろう

困ったさん必見!新築のアンテナ工事の方法とコツを知ろう

新築である以上、設置は避けては通れない必須のことになります。これに関していくつかの選択肢もありますので、どのようなものがありるか少し考えてみましょう。せっかくの新築、テレビだって大画面で新調したのに引っ越して最初から見られないのでは寂しいですよね。そんな結果にならないよう、事前に調べて準備をしておければ住み始めから地デジ放送を思う存分楽しみましょう。

新築を建てたらアンテナ取り付けをしなくてはならない理由

新築を立てた場合や新築物件にはもともとアンテナ設置されていません。地デジを見られるためには見るためにアンテナを設置をするかケーブルTVに加入するかになります。但し、必ずケーブルTVを利用できる環境があるとは限らないので、その点も事前に調べておくと良いと思います。確実なのは地デジ用のアンテナを設置することが一番良い方法ではないかと思います。
最近では希になってきていますが引っ越し先の地域で電波状態が悪く、その地域全体で地デジ用を共同設置してケーブルで各住居に分配していることもあります。どちらにしても地デジを見るために設置は大前提だと考えておいてください。

アンテナ取り付けを検討する前に考慮すること

地デジ放送を見られるために考えるとアンテナ設置に含めて考えることがあります。地デジ放送以外にBSやCS、いわゆる衛星放送も同時に楽しみたい場合です。個別に見られるように設置するのもありますが、地デジのために設置を考えるのであれば、一緒にBSやCSも含めてる個別に設置するよりは安価でできます。BSやCS用のパラボラも同時設置することで配線も同一化できてしまうのでとても便利になります。
また、全てケーブルTVで対応をすることも可能ですが、費用面で違いがあります。パラボラなどを含めて設置すると、設置費用としては一度で済みます。ケーブルになると毎月の使用量が必要になります。仮に10年を一区切りで見ると、設置には10万仮定するとケーブル使用といると平均ですが月4,000円前後になります。計算してみると4,000×12=48,000円、10年で480,000円になります。ザックリですがかなりの差がでてしまうことになります。
ご自身の利用形態を考えて選ぶ必要はありますがコスト面では設置の方が有利であるといえそうです。

アンテナ取り付けのタイミングとは?

アンテナを取り付けるのはできれば入居前にしておきたいものです。設置からケーブルを各部屋に配線する工事もスムーズにできたりしますので入居後にすぐに地デジを見ることができます。引っ越し業者に頼んだりするとテレビを搬入したときにに視聴可能なのか確認をしてくれますので、何かあれば手配が早期にできたりします。
入居前が難しいようであれば入居後に業者選びからはじめて取り付けになりますが、工事日程をご自身の予定に合わせるのであれば早めに申し込んでおくとスムーズに設置ができると思います。安価な室内タイプで取りあえず対応し、落ち着いてからじっくりと業者選びからするのも一つの手です。

まとめ

新築住宅にはマンションなど集合住宅をのぞき最初から地デジが見られる環境にはありません。必ず設置しないと見られませんので、入居時期にあわせて地デジ用を設置をしてください。利用形態によりケーブルTVの選択もありますので、ご自身で事前に調べて入居時に地デジをみられるようにしましょう。

この記事をシェアする