• > 
  • 室内用アンテナで手に入れた地上デジタル生活!

室内用アンテナで手に入れた地上デジタル生活!

費用をかけず映って見られれば良いとお考えでしたら、室内アンテナをおいて他にはありません。屋外アンテナとちがい工事も必要なくご自身で家電店で購入してきて取り付ければOKなので手軽です。価格により性能差はありますが数千円の価格帯を中心に多くの製品があります。

注意して欲しいことはご自宅の電波状態を事前に確認しておく必要があります。電波が届いていない部屋に設置しても見られません。しかし、何かのときに一時的に利用するのも可能です。

室内用アンテナが活躍する場を知ろう

利点は、ご自身で設置できる手軽さと費用面なのは理解していただけたと思います。屋外設置工事などをするには、業者選びから見積・設置・完了まである程度の期間が必要です。すぐに見たい、映れば十分だ、と考えるなら、間違いなく室内アンテナはうってつけです。

他にどのように活躍できるのか少しみてみましょう。テレビをどこに移動させても一緒に動かせるので視聴が可能、部屋にテレビ端子は必要ない、故障や壊れた場合にも買い換えが容易である、など活用範囲はいろいろとあります。
部屋の中に設置するのでインテリアとマッチした自分好みをチョイスする楽しみもあるかもしれません。

どちらにしても価格も安く手軽に設置できて地デジが見られるのは嬉しいことだといえます。集合住宅などでも外に設置ができない環境ではこれで対応できるのです。

室内アンテナと屋外アンテナの違いについて

地デジアンテナを比較すると次のような違いがみられます。設置する場所によって受信感度や安定性が変化します。特にデジタルの電波(UHF波)は、建物や壁など遮へいぶつに影響されるので受信条件は悪くなります。屋外用は、遮へい物に囲まれていないので受信状態は良く安定性は抜群です。それが画像品質に直結するのでどのチャンルネもクリアに見られるのです。

室内アンテナは壁に囲まれていたりするので電波状態に強弱の波もありチャンネル毎に映りに変化がでてしまうこともあります。そうなると設置位置や方向を変えたりして映るところを探すことになります。手軽に動かせるのが短所で有り長所でもあります。

室内アンテナの導入方法

価格も数千円程度から数万円の幅がありますが、家電量販店などで購入すれば、あとは好きな場所に設置してテレビにつなげるだけでOKです。但し、手軽な反面、注意しなければならない点は既に説明をしましたが、地デジの電波は直進性が高いので障害物があると電波が遮へいされやすい特性があるので受信状態は悪くなります。部屋に設置する前に必ず電波が届いているかを確認しておいてください。

電波が届いていても弱いときがあります。そのような場合はブースターつきを購入することで電波の弱さを補うことができます。ブースターつきは電源を必要としますので電源は必須になります。ブースターつきになると価格もあがりますが、電波の安定性は増しますので予算が許せば付いているのを選ぶのが良いと思います。

まとめ

室内アンテナはなんといっても手軽さと低価格です。デジタル放送がすぐに視聴できるのが魅力的な製品だと思います。製品価格も幅がありますので、予算の許す限り性能の良いものを選んで欲しいと思います。ただでさえ部屋は電波状態は悪いことが多いのですが、ご自身のテレビスタイルに合わせて選び地デジを手軽に楽しんでいただければと思います。

この記事をシェアする