• > 
  • 地デジアンテナの正しい取り付け方

地デジアンテナの正しい取り付け方

業者へお願いして確実に取付てもらうのも良い手段ですが、アナタにある程度の知識があるなら自身でアンテナを取り付けてみませんか?地デジアンテナ自体は安価で購入する事が出来ますし、初期費用といってもそんなに掛かりませんのでお勧めです。正しい取り付け方や、必要な部材に関して説明しどの様にすれば迅速に取り付ける事が出来るのか紹介していきたいと思います。おおよそではありますが自身で取り付ければ約30000円は節約出来ると言われています。

アンテナの取り付け方の前に!地デジを見る為に必要なもの

自身で地デジのアンテナを取り付ける際に必要なものがいくつかあります。取り付け方を説明する前に、これらを紹介していきたいと思います。まず当然の事ながらアンテナが必要です。機能や性能によっても料金が異なりますが、スタンダードなタイプであれば13000円程度で購入する事が出来ます。そして次に必要なのが同軸のケーブルです。自宅に複数のテレビがあり、全てで地デジを視聴したい場合は分配器を用意します。ケーブルの長さが足りない場合は中継アダプタと言うものも必要になります。これら全てを合わせても15000円程度で、業者へ依頼をかけると40000~50000円程度になるため、この時点でかなりお得になる事がわかります。これらの部材に関してはネットからも購入出来ますし、家電量販店やホームセンターなどでも購入する事が出来ます。型番や性能にこだわりたい場合はネットが良いと言えます。

地デジアンテナの取り付け方で気をつけたい事項

続いてはアンテナの取り付け方で気をつけたい事項、注意すべきポイントです。設置に関してはある程度の知識が必要になりますし、取り付ける場所が屋根や高い場所になる事が多いので少しでも不安がある方に関しては自身での設置を控え、業者などのプロにお任せした方がいいでしょう。ちなみに取り付ける際に最も気をつけなければいけないのが、台風などの強風時にアンテナが外れてしまわない様に対策する事です。車を傷つけてしまったり、屋根を壊してしまう事がありますのでその点はしっかりと対策する必要があります。アンテナの配線に関しては、まず屋根にアンテナを設置し、ケーブルを接続し宅内に引き込みます。その際に複数台のテレビがあれば分配器を使って差込を分配します。後はテレビに接続すれば地デジの視聴が可能になります。

そのアンテナの取り付け方は大丈夫?地デジが見られない時の対処

せっかくアンテナを設置したにも関わらず、地デジが視聴出来ない時に気をつけるポイントがいくつかございます。まず一番重要なのがアンテナの向きです。魚の骨の様な形である事が殆どですが、矢印の様になっている部分があります。その部分を中継局側に向けている方がいますがそれは逆です。その点を改善するだけでクリアに地デジを視聴出来るケースが多々あります。また、電波強度は取り付け方を確認する前にチェックしている事が多いと思いますが、いくら正しく設置しても電波強度が弱いと視聴する事は出来ません。専用の機器が安価で販売されているので、取り付ける前に必ず確認し、強度が弱い場合はブースターと言う電波を強くする機材を導入する必要があります。アンテナの近くに遮蔽物があると、視聴出来ない事もあるので出来る限り撤去して下さい。

地デジアンテナの設置に関しては、難易度が高くないといわれていますが事前に電波強度を確認や遮蔽物があればその撤去、山や建物などで阻害されている場合は向きを変更して視聴出来る角度を探すといった微調整が多くあります。また単に取り付けるだけでは無く、屋根の倒壊や風で飛んで周りを傷つけない様に配慮する事も必要です。基本的な取り付け方に関してはアンテナから分配器を介して、各テレビへケーブルを接続するのみですが複数台テレビがある家庭については、余分に分配器を用意するべきです。また配線や周りの環境や電波強度に関して問題がないにも関わらず、地デジを視聴する事が出来ない場合はアンテナの向きが異なっている可能性も考えられます。

この記事をシェアする