• > 
  • デザインの良いアンテナへ工事

デザインの良いアンテナへ工事

一部でデザインアンテナはあまり性能が良くないと言われていますが、実際にスタンダードなUHFとの違いはどれくらいあるのでしょうか。そしてどの様な形状や種類のアンテナがあり、どの場所が適しているのかも知っておく必要があります。また、工事を行う前に自宅近くの電波強度を測る調査を行う際、調査にかかる日数やおおよその料金も知らなければなりません。デザインアンテナで後悔しないための事前知識を紹介していきます。

デザインアンテナはどんな種類があるの?工事はどうなるのか?

純和風の物件や洋風の物件など、屋根にアンテナが立っていると美観が損なわれる事があります。また屋根との色や形状によっても設置出来ない事がありますが、そういった場合はケーブルや光ファイバーでのテレビを視聴する他無いのでしょうか。美観を損ないたくない、屋根に設置できないという方はデザイン性の高いアンテナを設置する事をお勧めします。例えば円柱になっているアンテナや長方形でコンパクトなサイズのアンテナであれば、設置していても気づく事はありません。数年前までは電波感度が悪いと言われていましたが、ブースターが内蔵されているタイプもあるので心配する事はありません。工事の際も比較的簡単に設置する事が出来ますし、自身で設置する場合もUHFアンテナの様に重くないので女性でも設置出来ます。カラーも数種類あるので、バリエーションが豊富です。

工事の際にデザインアンテナをどこに設置すると良い?

屋根に設置する場合見た目の問題もそうですが、物理的に設置する事が出来ない事があります。また雪が多い地域や、悪天候が続く地域の場合はその影響を受けてしまいテレビ視聴がうまく出来ない場合もあるでしょう。デザインアンテナはそんな時にもお勧め出来るアイテムです。例えばベランダの一角に設置するタイプやフラットな壁掛けタイプなどがあります。あまり大きく無いですしアンテナっぽくないので目立つ事はありません。また住宅の色に合わせてカラーチェンジをする事が出来るので、更に目立つ事は無いですしアイボリーからベージュ、ブラウンやネイビーといった様々なカラーが用意されていますので洋風の住宅に住んでいる場合でも心配ありません。工事を業者へ依頼する際に、タイプ別にどこへ設置するのか相談する事も出来るので迷った際は相談してみるといいでしょう。

設置可能か確認を!デザインアンテナを工事する前に

デザインアンテナの設置工事をする際に気をつけて欲しいのが設置が可能な住宅、素材であるかどうかです。素人では素材やサイズなど現物をよく見ずにネットでアンテナのみを購入し、結局取り付ける事が出来ないというパターンがあります。また、設置可否と一緒に電波強度についても確認しておくとブースター付きのアンテナが必要なのかを確認する事が出来ます。取り付ける場所によっては中継局との距離の問題であったり、向きに関しても気をつける必要がありますので、その点もチェックが必須です。自身で取り付ける際はこれらに気をつけて頂ければ、デザインアンテナであっても問題なくテレビ視聴をする事が出来ると思います。ちなみにデザインアンテナは平屋よりも高層住宅である方が感度がよくなると言われています。

まとめ

昔と違って、今は住宅の形式や種類、外観も様々です。それにあわせてアンテナもデザインにこだわりたい人もいるようですが、アンテナを工事するにあたってまず必要なのは設置場所を決めておくことです。電波が微弱な場合は、電波強度を確認しながら希望の場所が設置可能であるか専門の業者を呼ぶとスムーズになります。デザインアンテナに関しては円柱や長方形、コンパクトタイプやブースター内蔵と様々な形式、タイプがありますしカラーも豊富ですので住宅の色や素材に合わせて選ぶ事が出来ます。そんな便利でスタイリッシュなアンテナですが、高い場所に設置する事で、その効果を十分に発揮すると言われています。高層ビルに住む予定の方は、デザインアンテナの検討をしてみてもいいかもしれません。

この記事をシェアする