• > 
  • 地デジ用室内アンテナは埼玉でどこまで綺麗にテレビが映るのか!

地デジ用室内アンテナは埼玉でどこまで綺麗にテレビが映るのか!

ただテレビがあるだけでは、テレビを観ることは不可能です。テレビを視聴するためには、アンテナが必要です。アンテナというと、屋根の上やベランダ、家の壁面などの屋外に設置するものを想像する方が多いでしょう。
しかし、屋内に設置するタイプのものもあります。屋外に設置するタイプのほうが、電波をしっかり受信することができるので安心です。室内に設置するものでも、もちろん電波を受信できますが、周囲の環境などによっては受信しにくい場合もあるようです。埼玉では綺麗にテレビが映るのでしょうか。

埼玉で電界強度はどの程度なのかチェックしよう

賃貸物件などでは、もともとアンテナがついていますので、テレビを見るために工事のことを考える必要はありません。しかし、一戸建てを購入したりした場合には、自分でアンテナを設置しなければなりません。そんなときに、知っておくべきことはお住まいの地域の電界強度です。
電界強度というのは、受信する電波の強さのことです。電波の送信局から近ければ電波が強く、遠ければ弱いということになります。電界強度は、単に送信局からの距離だけで決まるものではありません。自宅の近くや、送信局と自宅の間に電波受信の弊害となるような高い建物などがある場合は電界強度が弱くなります。
電界強度を手軽に知るために、自宅の周りの家でどんなアンテナを設置しているのかを見てみましょう。八木式アンテナが設置してある家が周囲に多ければ、電界強度が弱い地域なのかもしれません。また、電界強度はアンテナ工事業者に無料で調査してもらうことも可能です。

地デジ用室内アンテナの設置場所はどこが最適なのか

アンテナと言えば、屋外に設置するものだというイメージの方が多いかもしれませんが、室内に設置できるものもあります。室内に設置することで、外から自宅の建物を見て、不恰好だと感じられることはないでしょう。しかし、屋内だと場所をとってしまったり、邪魔になってしまったりしないかも心配です。
地デジ用室内アンテナは、一体屋内のどこに設置するものなのでしょうか。屋内で設置する場合お勧めの場所は、屋根裏です。屋根裏だと、屋内であっても生活上邪魔になるということはないでしょう。それに、高い位置なので、屋内ですが電波がほかの室内と比べて受信しやすいです。屋根裏がある家だったら、ぜひ試してみてください。また、薄くて場所をとらないものもあるので、窓の近くに設置するのもお勧めです。

地デジ用室内アンテナの実力とは?

地デジ用室内アンテナは、電界強度が強い場所で設置できるものです。環境のよい場所であれば、安定して、綺麗な映像をテレビで見ることができます。しかし、やはり屋外に設置するものに比べると電波は受信しにくいのが現状です。
地域やアンテナの質によっては、雨が強い日には、電波の受信に影響があったという声もあります。設置する際には、受信できる場所なのかを調べることが重要です。そして、設置場所を決める際にも注意が必要です。室内アンテナの場合、チャンネルによって映りやすさが異なります。どのチャンネルでもテレビが映りやすい最適な場所を探して設置しなければなりません。しっかり設置場所を選べば、室内アンテナは活用できます。

まとめ

室内アンテナを設置する際には、しっかり受信できる場所であるかを事前に調べておくことが大切です。そして、設置するとなったら、室内での適切な設置場所を探さなければなりません。屋根裏などの高い場所や窓際がおすすめです。地デジ用室内アンテナは、電界強度の弱さにより、そもそも設置できない地域もあります。しかし、電界強度が強い場所であれば試してみるのも良いと思います。室内用のものでは、質の違いもあるのでしっかり検討してみてください。

この記事をシェアする