• > 
  • 埼玉で快適な地上デジタル放送のために必要なアンテナ工事とは

埼玉で快適な地上デジタル放送のために必要なアンテナ工事とは

これまでアパートやマンションといった集合住宅、賃貸物件に住んでいた方はテレビを見るためにアンテナ工事をした経験がないかと思います。一戸建てであっても、中古物件であればもともとアンテナ込みの場合もあるでしょう。
しかし、新築で一戸建て物件を建てた場合などには、地上デジタル方法を視聴するために、まずはアンテナ工事が必要です。
そのほかには、どんな準備をどのような流れで行えばよいのでしょうか。くわしくご案内します。

地上デジタル放送を観るために必要な3つのこと

もともとアンテナが設置されてあるアパートやマンションなどの集合住宅の場合、地上デジタル放送を見るために必要なのは視聴機器です。主にテレビが挙げられます。現在販売されているテレビであれば、地上デジタル放送に対応しているものなので、問題ないでしょう。古いテレビだと、地上デジタル放送に対応していないものがあるので、別途チューナーが必要です。
これに加えて、新築で家を購入した場合はアンテナの購入、アンテナの工事の二つが必要になります。これは、DIYが得意な人であれば、自分で行う方もいますが、安全と安心を考えると業者に頼むのが一番です。アンテナは自分で購入することも可能ですが、設置できるアンテナかどうかを知るためにもまずは業者に電波状況の確認と見積もりをお願いするとよいでしょう。

地上デジタル放送を観るためにアンテナの種類は?

地上デジタル放送を見るために必要なアンテナについて、くわしくご説明します。
アンテナには、大きく分けると屋外設置型と室内設置型があります。屋外設置型には、屋根の上などに設置する八木式というものがあります。鉄の棒状のものが組み合わさったようなもので、見たことがある方が多いと思います。いかにもアンテナというのが不恰好に見えてしまいますが、受信強度は最も強いです。
屋外設置のもので、おしゃれで目立たないデザインアンテナというものもあります。外壁などに設置するものです。スリムで家になじみやすいので、見た目にこだわる人にはおすすめです。
最後に、室内設置型です。これは、簡易的なものが多く電波受信強度が強い地域でしか設置することができません。

地上デジタル放送用のアンテナ工事とは

地上デジタル放送を視聴するためのアンテナ工事までの流れについて、ご案内します。
まずは自宅の電波受信強度を確認します。電波送信所から離れていたり、そこから自宅の間に高い建物などの弊害があると電波受信強度が弱くなります。業者に頼むと、専門の測定器ですぐに判断してもらえます。また、自宅の周囲の家ではどんなものを使っているのかを外から見ることで、自分で予測を立てることもできます。
そして、アンテナが決まって見積もりに満足できたら、設置場所も決めます。屋外の場合は屋根の上、ベランダ、外壁などが主な場所なので、工事の業者の方と相談して決めます。そして、工事になります。

まとめ

地上デジタル放送を視聴するためには、アンテナ選びと工事が必要です。素人は自分ではなかなかアンテナを選ぶのも難しいので、埼玉の自宅のある地域ではどんなものがよいのか、専門業者の方と相談しながら決めるとよいでしょう。
地域の電波状況にも精通していますし、専門の機械で受信強度を測ったりしながら、適切な場所に取り付けをしてもらえます。何か困ったときに、今後も相談できる業者を決めておくと便利です。

この記事をシェアする