• > 
  • 地デジのアンテナの向きはどうすべき?調整方法【埼玉版】

地デジのアンテナの向きはどうすべき?調整方法【埼玉版】

地デジを自分で設置をする場合や、少し電波の受信状況が悪そうなとき、自分でアンテナの向きを調整しようと思う方もいるでしょう。業者にわざわざ依頼するのは手間がかかってしまうし、自分でもできそうだと思う場合のやり方について調べてみました。
自宅の近くにはどこに電波の発信所があるのか、受信強度はどのくらいなのか等、自分で確認して、地デジアンテナの向きを調整してみましょう。

近くにある地デジ電波の発信所の場所を調べる方法

地デジのアンテナの向きの決め方は、電波の発信所の方向に向けることです。したがって、近くにある電波の発信所がどこなのかを知って調整する必要があります。発信所は全国各地に多数あり、もちろん埼玉県内にもたくさんあります。
見つけ方は3つあります。まず、山が付近にある場合は山のほうを確認するとよいです。山頂に発信所があることが多いのです。そして、簡単な方法としては、周囲の住宅のアンテナ方向を確認することです。全て同じ方向に向いているはずなので、参考にしてみてください。最後に、より正確に場所を知りたい場合は、インターネットやスマートフォンアプリなどを活用してみましょう。自宅の住所から最も近い発信所を知ることができます。

地デジを受信する電波の強さを知る方法

電波の強さというのは地域によって異なります。電波の発信所から遠い場合、周囲に高い建物や山、鉄橋などの障害物がある場合は弱くなります。電波が弱い地域だと、アンテナの少しの角度で映りやすさが左右されます。
電波が強い地域であれば、多少の向きのずれがあっても、十分にきれいな映像を見ることができます。このように、設置する向きは非常に大切です。一般的には、発信所からの距離が近ければ近いほど電波が強く、離れていくほど弱くなります。一つの目安として、発信所からの距離を確認しましょう。わからない場合は、アンテナ設置業者や家電量販店で測定器を使って調べてもらうこともできます。
設置をしてもらうかは別として、無料で見積もりを出すために測定してもらえることもあるので、それを利用して自分で調整するのも手です。

地デジアンテナが合っているのか確認する方法

地デジを見るために必要なアンテナですが、どれを取り付けてもいいというけではありません。これも受信強度によって、適切なアンテナ選びと向きの調整が必要です。まずは、受信強度を確認してみましょう。
受信強度が強い場合は、アンテナの選択肢は多くなります。屋外に設置する八木式、デザインアンテナ、屋内に設置できるものまであります。しかし、受信強度が弱い地域では、屋外の八木式が一番です。受信強度が極端に弱くなければ、デザインアンテナを選ぶこともできますし、それらのアンテナを屋内の屋根裏などに取り付けることも可能です。地デジアンテナが合っているのかは、受信強度と関連するので、この二つを照らし合わせて確認しましょう。

まとめ

地デジアンテナの向きは、電波の発信局に向けて設置して、調整しなければなりません。発信局からの距離が遠かったりして、電波の弱い地域であれば、少しの向きのずれも許されません。自宅の近くの発信局の場所、電波の受信強度をしっかり確認しましょう。
そして、それを知った上で適切なアンテナを選ぶことが大切です。すでにアンテナを準備してしまった方は、受信強度に合ったものなのかを確認してみましょう。

この記事をシェアする