• > 
  • CSのアンテナ工事とBSのアンテナ工事何が違うのか?

CSのアンテナ工事とBSのアンテナ工事何が違うのか?

アンテナ工事といっても、csアンテナ工事にするか、bsにするかで、内容は変わってきそうですよね。それぞれのアンテナの役割というのが違っています。二つのアンテナの違いから、工事の違いについて、考えてみようと思います。

受信する周波数が違うcsとbsの違い

まずは、csとbsって何が違うのかを知っておく必要があります。工事をするにしても、この基本的な知識は必要です。まず、BSは日本語に訳すと衛星放送で、放送を目的と指定した。CSは日本語に訳すと通信衛星で、通信を目的としています。何と言っても、この二つのアンテナが受信する周波数が違うのです。したがって、視聴ができる番組内容も違ってきます。いわゆる受けられるサービスが違うということです。簡単な違いとしては、bsは無料のチャンネルがあるものの、そのチャンネル数はcsに比べると少ないという特徴があります。反対に、csのチャンネルはほとんどが有料となっていますので、その分、視聴できるチャンネル数が多いということになります。以前は、どちらのチャンネルを視聴したいかによって、設置するアンテナが変わっていました。どちらも利用するとしたら、両方のアンテナ工事が必要でした。bsを視聴していた人が、csアンテナ設置が必要になるということは、まだあるとは思いますが。両方のチャンネルを楽しみたい人は、知っておいた方が良いのではないでしょうか。

bsとcsのどちらも受信可能なアンテナが開発された

csアンテナ単独でも工事は可能ですが、今はbsチャンネルが映ればcsチャンネルも映るというアンテナがあります。さて、このアンテナの形ですが、パラボナアンテナと言いよく見るあのお皿のような形のものです。集団住宅でも、よくついているのを目にしたりします。BSやCSを利用するにはこのパラボナアンテナが必要となります。衛星放送の世界ですから、衛星からの電波を受信するということになります。従って、外によく付いているわけですね。受信がし易い角度などを考えると、手すりがあるベランダが便利です。よく見るアンテナは手すりに付けられていますよね。その手すりがあれば、結構個人でも工事が出来てしまうということです。受信するには角度が大切なのですが、その角度がbsとcsでは違ったので、アンテナも別だったわけですが、その両方の角度の受信を可能にしたアンテナが開発されたということが、これでわかりますね。

アンテナ工事にはケーブルを引くのも大切なポイント

bsでもcsでも受信が可能なアンテナが開発されたわけですから、工事も一度で済むことになりますね。ただ、アンテナを設置するためには、ケーブルが必要なので、そのケーブルを確実に屋内のテレビまで伸ばして設置する必要があります。このケーブルを通す穴は、空気穴を使うこともありますが、無い場合には、窓の隙間などを利用することになるのが一般的です。アンテナの角度と一緒で、この穴があるところには、防水などの処置はきちんとしておきたいところです。ケーブルがついて、アンテナの角度がきちんと設置されれば、あとは視聴を楽しむだけになります。bsでもcsでも受信が可能なわけですけど、どちらのチャンネルを楽しみたいかというのは、リモコンで操作する必要があります。といっても、bsかcsのどちらかを選択するってだけなので、そんなに難しいことはありませんね。これだけ普及しているアンテナですから、設置するのもそんなに難しく考える必要はないかもしれません。

この記事をシェアする