• > 
  • テレビのアンテナを設置する方角を調べる方法

テレビのアンテナを設置する方角を調べる方法

アンテナというのは、設置したらそれで終わりではありません。そのため、電波をしっかりと受信するために、方角が大切になってくるわけです。その方角を調べて受信方法が分かれば、そんな難しいことではなさそうです。きちんと調べないで画面が映らないということの無いようにしたいものですね。

発電所や発信所などがある方向が基本

基本的に、アンテナを設置する時に必要な方角というのは、電波の発電所の位置を把握していれば受信ができるものです。日本国内はおそらく全国各地、電波が受信できるよう環境が整えられているという便利な国の一つではないでしょうか。発電所が近くに無くても、電波塔などがある方向さえ分かれば、確実に受信できるかと思われます。都心だと、結構目にする物なので、探すことは難しいことではないように思います。しかし、山に囲まれた地域だと探すのはそこまで簡単ではないかもしれません。でも、上の方に目線をやると見つけられます。山頂に発信所があったりするようです。おそらく見たことがある人がほとんどではないかと思います。今や、テレビが見られない地域というのがどのくらい存在するのかどうかわかりませんが、電波の強い方向を意識するのとしないとでは、テレビ画面が映らないということもあるわけですね。物事の基本を抑えるという意味でも発電所や発信所のある方向を見るのもいいともいます。

インターネットで調べる、近隣に設置されたアンテナの方向を見てみる

発電所や発信所のある方向がわからない場合、一番手っ取り方法として、それが近隣住宅のアンテナの方向を見ることです。これって、しっかりと見た人ってそんなに多くないかもしれませんね。一度、見てみると面白いものです。電波が太陽の役割をしているかのように、ひまわりと一緒で同じ方向にアンテナが向いている可能性が高いのです。それはそうですよね。テレビにとっては電波が最大のエネルギーな訳ですから。さらに、きちんと調べる方法としては、インターネットで検索することではないでしょうか。今は、こんな情報も調べることができるようですね。自宅の場所を入力すると、どの方角が適しているだとか、発電所の場所なんかも含めて分かるようになっているそうです。もはやこのような知識というのは、業者だけが知っていることではなくなっているわけですね。個人の知識のレベルがかなり上がってきているようにも思えます。とても良い傾向ではないでしょうか。

今の世の中はアンテナ方角もアプリで調べる時代

さらに、世の中には便利な物が存在するものです。なんと電波の強いところを発見するのにアプリを使うことができるそうなのです。電波塔などの方角ももちろんのことならが、アンテナの方向の微調整時にも役に立つという代物です。代表的な微調整方法としては、コンパスを利用するのだと思います。でも、今やアプリの利用普及率というのは、おそらくコンパス所有者よりも高いのではないでしょうか。これだけ普及しているものを利用しない手はないのではないでしょうか。電波受信の微調整というのは、なかなか手間がかかる作業になります。人によっては何日もこのために時間を費やす人もいると聞いたこともあります。まあ、業者であれば、専用の機器もありそうですが、個人だとなかなかありませんよね。せっかく便利になった世の中の道具を使わない手はないのではないかと感じます。衛星電波を使っての道具というのがかなり開発されてきていますから、電波用のこちらの道具も信頼性もあるようにも思います。

この記事をシェアする