• > 
  • 埼玉での衛星テレビアンテナ取付、業者vs自分どっちが正解!?

埼玉での衛星テレビアンテナ取付、業者vs自分どっちが正解!?

地上デジタル放送だけでなく、衛星放送もテレビで見たいという方も多いのではないでしょうか。魅力的な番組がたくさんありますし、できるだけいろいろなチャンネルを楽しみたいものですね。
衛星放送も見たい場合は、地上デジタル放送とは別に、専用のアンテナを取り付けなければなりません。この衛星用のものは業者に頼まずに、自分で設置するという人もいるようです。業者に頼むと安心ですが、自分でやるとお金がかからなくてよさそうです。どちらのほうがよいのかご案内します。

衛星テレビとは?必要なものとは?

まずは、衛星放送とはそもそも何なのかを確認します。衛星テレビは、その名の通り衛星を使って電波を送信しています。日本全国、同じ内容の番組を見ることができます。アンテナは地上デジタル放送のものとは異なる、専用のものを設置しなければなりません。
地上デジタル放送と同様に、設置さえすれば無料で見ることができるチャンネルもあります。しかし、その他に有料で放送局と契約をしたら見ることができるチャンネルもあります。衛星テレビを見たい方は、専用のアンテナの設置が必要です。

衛星テレビアンテナを業者にお願いした際のメリット・デメリット

衛星テレビを見るためには専用のアンテナ設置が必要です。まず業者に設置をお願いする場合のメリットについてお話します。
業者にお願いすると、電波を受信しやすく、綺麗な映像が見られる適切な場所に取り付けてもらえます。素人が自分で取り付けるとなると、場所探しはなかなか難しいものですが、プロに頼めばすぐにできます。調子が悪いときなどがあったら、アフターサービスが受けられるのも安心できます。地上デジタル放送のアンテナ設置もお願いする場合は、セットで依頼するとまとめて割引になったりするところもあるようです。二つ同時に取り付けるのであれば、一緒にお願いしたほうが楽でしょう。
デメリットと言えば、料金がかかることです。サービスを受けるので仕方のないことですが、出費がかさむ引越し時には少しでも抑えたいと思うところですね。

衛星テレビアンテナを自分で取り付けた際のメリット・デメリット

衛星テレビのアンテナというのは丸い形のものです。地上デジタル放送のアンテナ設置に比べて、自分でも取り付けやすいと言われています。では、自分で取り付けた際のメリットについてお伝えします。
やはり、大きなメリットは料金がかからないことです。料金がかからない分、有料のチャンネルなどを契約してテレビライフを楽しむのもよいでしょう。
デメリットとしては、住んでいる建物や地域によって取り付けやすさが異なることです。電波を受信しやすい地域であったり、アパートやマンションの高層階であったりすればベランダに取り付けることで、きれいな映像が見られます。しかし、屋根の上や壁面などの高い位置に取り付けなければ受信しにくい場合、そのようなところに取り付けをするのはなかなか難しいでしょう。また、事故の危険などもあります。

まとめ

電波が受信しやすい地域、設置しやすい建物に住んでいる場合は、DIYが得意で自信がある人は自分で衛星テレビの設置をすることもできます。しかし、自信がない人や確実に設置したい人、今後のことも考えてもしものときのアフターサービスを受けたい人は業者に頼んだほうがよいでしょう。
自分での設置だと失敗してしまったり、怪我をしてしまったりする可能性もあります。そんな心配を考えると、業者のほうが案外安くつくかもしれません。

この記事をシェアする