• > 
  • BS用のテレビアンテナは何が違うのか

BS用のテレビアンテナは何が違うのか

一昔前までは衛星放送と呼ばれていましたが、今やBSと呼ばれたくさんの方が番組視聴をしています。賃貸住宅などで稀に見放題になっている事もありますが、通常はアンテナを取り付けた上で視聴する必要があります。テレビ番組に関しても地デジとは異なりますし、そもそもの電波の種類も違うため、全く別の放送方法を使っているといっても良いと言えます。では地デジとBSのアンテナはどの様に違うのか、特徴はあるのかと言う事について紹介していきます。

BSのテレビを見るならアンテナは必須です

今、自宅で地デジのテレビ放送を見る事は出来ているけれど、スポーツ観戦や映画が好きなのでBS放送を見たい!と思っている方は多いでしょう。BSはわざわざDVDレンタルしなくともチャンネルを変えるだけで視聴が出来るため、その手軽さが人気を呼んでいます。そんなBSのテレビ放送ですが、どの様にすれば視聴出来るのでしょうか。既に地デジ用のアンテナがあれば視聴が出来ると思っている方が多いのですが、専用のアンテナが必要になります。地デジに関してはUHFでも良いのですが、BSに関しては衛星放送を使ったテレビ放送なのでパラボラ型のものが必要です。これを設置する事で、テレビでBSを視聴する事が出来る様になります。もちろんケーブルや光ファイバーに加入すれば、そこから視聴する事も出来ますが受信料金が発生しますので地デジ同様にアンテナ施工の方がお得だと言えます。

地デジとBSの違い!アンテナの種類やテレビ放送について

前述にてBSを視聴するのなら、専門のアンテナが必要だと申したのですが、そのアンテナには種類があるのでしょうか。またBSと地デジでは電波の種類が異なるため、その点について詳細を説明していきたいと思います。地デジの電波はUHFでも受信できる様にと100MHzの周波数帯を使っています。この電波は東京タワーなどの高い塔や、山頂に中継局を設置して各家庭に電波を届けています。デジタルになるので劣化しにくく、広範囲に渡って発射する事が出来るのです。アンテナの形は魚の骨の様なUHF、円柱や長方形と様々な形があります。それに比べてBSに関してはそれよりも低い周波数になります。その為、地デジのテレビの様にハイビジョン放送をするのが難しいのです。アンテナには丸い形をしているパラボラアンテナで受信をする事が殆どです。

BSはテレビ番組も違う?アンテナ設置の後に驚く事

実際にBSアンテナを設置し、テレビ番組を視聴すると番組の内容が全く違うと言う事に驚く方がいます。専門のチャンネルに関しては当然ですが、同じテレビ局がやっている番組に関しても地上波では見た事の無いものばかりですし、スポーツのチャンネルに関しては世界同時放送を行っている番組もある様です。その為、地デジとBSに関しては同じ局がやっている番組であっても、その内容は全く異なるので人気を呼んでいると言えます。但し、BSに関しては風でアンテナの向きが変わったり雨や雪が強いと視聴する事が出来なくなるケースもあります。そういった阻害を受けない様にと屋根裏やベランダにアンテナを設置する方もいる様ですが、地デジよりも電波が微弱な為地域や建物も場所によってはブースターを導入しないと視聴が難しい事もあり得るようです。

同じテレビで視聴する為、そんなに大差が無いと思ってしまう地デジとBSですが、実は電波の種類からして異なっています。番組の内容に関しても同じ局であっても異なりますし、地上波では見る事の出来ない番組もやっているのでBSは人気を呼んでいる様です。また地デジに関しては中継局から各家庭に直接電波を送っているのに対し、BSに関しては衛星放送で送っています。その為に地デジよりも周波数が低く、天候や環境に左右されやすいと言う特徴もある様です。形に関してもかなり異なる部分が多くあります。地デジアンテナに関しては魚の骨の様な形をしているものが多く、屋根に設置するタイプがスタンダードです。それに比べてBSアンテナは丸いパラボラ型が主流です。以上のように、地デジとBSは同じアンテナの部類でも別物だとイメージしておいた方がいいでしょう。

この記事をシェアする