• > 
  • テレビの映りが悪い場合のアンテナ点検項目

テレビの映りが悪い場合のアンテナ点検項目

機械関係は苦手ということになると、ついつい不具合が出たら業者を呼んでしまいがちです。テレビの映りが悪くなる原因は単純なことだったりするものです。テレビの映りが悪くなったら、まずは自分で点検してみて、それでどうにも解決できなかったら、業者を呼んでも良いのではないでしょうか。

起こりがちなアンテナの位置と向きによる不具合

テレビの映りで、本当にありがちなのが、アンテナの取り付け位置や向きの問題です。電波を利用して、テレビを視聴しているわけですから、この電波をきちんと受信できなければいけません。特に日本は台風や雨が多い国ですから、気象条件による影響というのが、ここでも発生することになります。風が強い時はまず注意してみると良いかもしれませんね。テレビの映りが悪くなった瞬間に台風などきていたら、原因の追及は簡単にできそうです。アンテナの位置が変わっていないか、さらに向きが変わっていないかを点検します。向きというのは、なかなか分かりにくいかもしれませんが、向きを調整してみて、テレビ画面に変化があれば、原因はここにありそうです。再調整が完了したら、やっておいた方が良いのが、再発防止ですね。屋根の上の物であれば、支柱を太い物に交換することが必要でしょう。また、壁面の物であれば、ベースがぐらついているかもしれません。

アンテナケーブルの太さや長さ、劣化状態などを点検する

アンテナの位置のほかに、ケーブルの点検もすることをお勧めします。ケーブルというのは、電気を通すためのものですが、この電気が十分に流れていないとテレビの映りが悪くなってしまいます。この原因はいくつか考えられます。まずは、ケーブルの太さです。とても単純なことなのですが、細いと電気の流れる量も少なくなってしまいますよね。太い物に交換した方が良いかもしれません。あとは、ケーブルは長すぎてもいけません。電気が届くまでの道が長ければ長いほど、電気の強さが弱まってしまいます。できるだけ、短くしておくのが良いということになりますね。さらに、ケーブルの劣化が考えられます。取り付けをして、長い時間が経っていれば、この原因かもしれませんね。ケーブルに切れているところがないか、ケーブル自体が古くなっていないかを点検する必要があります。問題があれば、新しい物に交換することによって解決できるかもしれませんね。とても簡単な項目ばかりなので、どんな人でもできそうな気がしますね。

アンテナ接続部分やブースター、分波器など

ある程度利用していると意外と起こりがちなのが、アンテナの接続部分がゆるんでいるという現象です。微妙に外れていたり、ずれていたりすると、テレビの映りに影響を与えます。接続部分を点検して、もし一見大丈夫そうでも、一度抜いてから指し直してみた方が良いように思います。やり直しをいうと、ブースターを利用していれば、電源を入れ直してみるのも良いでしょうね。電流がきちんと流れていない可能性があります。あとは、同じケーブルで複数のテレビなど視聴できるようにしている場合は、電波を分けるために使っている分波器の点検が必要かもしれません。複数に分けると当然ながら電波も分けられることになりますので、一つの電波が弱くなっている可能性もあります。分けている数を減らすこともできるでしょうし、あとはもしかしたら分波器が古くなっていれば交換が必要かもしれません。このあたりを一通り触ってみると、テレビ画面になんらかの変化が出てくる可能性があります。それでも、変化がないということであれば、業者に依頼してみても良いかもしれませんね。

この記事をシェアする