アンテナ工事しないと戸建て住宅でTVが映らない!おすすめ視聴法を解説

戸建てを購入すると部屋の中のことはいろいろ準備できるのに、うっかり忘れやすいのがテレビの準備です。テレビを観ようとしても映らないのは、テレビのアンテナ工事が済んでいないから。引っ越しするまで気づかなかった方はすぐに手配しましょう。

意外と知らない戸建てのテレビ視聴法は大きく分けて三つあり、それぞれライフスタイルに合った選び方ができます。自分に合う視聴法はどれなのか知るためにも、視聴法について詳しくご紹介していきます。

戸建てはテレビ視聴設備なし?アンテナ工事しないと映らない理由

戸建て住宅を購入するとついつい内装やインテリアに目が行きがちで、テレビの準備はおろそかになりやすいものです。みなさん意外と知らないのがテレビの準備で、どんな方法でテレビを視聴するのか聞いてみると、ほとんどの人は「何もしなくても映るんじゃないの?」と返事をします。

実はテレビを視聴するにはアンテナが必要不可欠、地上デジタル放送、BS/CS放送、4K8K放送の主に三種類のアンテナのうちいずれかを設置しないと絶対にテレビが映らない仕組みになっています。テレビは各種電波を受信して視聴するので、受信する設備がなければ当然映らないわけです。

これは新築の建売住宅でも、注文住宅でも同じです。家の中にテレビの線の差込口があったとしても、アンテナの準備ができていなければ絶対に映ることはないのです。

マンションや賃貸では、引っ越ししたら壁のテレビ専用の差込口につなげば観ることができますが、その感覚のままでいると映らないことに軽くショックを受けるかもしれません。分譲や注文住宅の戸建てにはテレビを視聴する設備が整っていないので、必ず引っ越しの準備とともにアンテナ工事の申し込みもしておきましょう。

テレビのアンテナ工事はアンテナの種類、戸建ての立地条件、周辺に山や川などがないかを伝えるとより詳しく見積りを出せますよ。無料見積りを複数社依頼して、じっくり比較検討してみましょう。

戸建てでおすすめのテレビ視聴方法3つを解説!

テレビを視聴するには大きく分けて三つの方法があります。

・地デジアンテナを立ててテレビを視聴する方法
・ケーブルテレビに加入してテレビを視聴する方法
・光回線でテレビを視聴する方法

アナログ放送のみのころは、アンテナを立てて視聴する方法しか選択肢がなかったのですが、2011年に地上デジタル放送に完全移行してからは、事実上アンテナ工事をしなくてもテレビは視聴できるようになりました。ただ民放を観るには地上デジタル放送が必要になるので、アンテナ工事が必要不可欠なんです。

<地上デジタル放送を視聴するには?>

地上デジタル放送を視聴するには地デジ用のアンテナが必要です。魚の骨のような形の八木式アンテナが代表的で、屋根の上に設置して電波を受信します。BSやCS放送を受信するには、別途丸いパラボラアンテナが必要、工事も別になります。近年では八木式アンテナのほかにモダンでシンプルな箱型デザインのデザインアンテナも登場しており、戸建ての外観にこだわる方はデザインアンテナの方がおすすめです。

地デジアンテナのメリットは何といってもランニングコストがかからないことです。一度アンテナを立ててしまえばNHK受信料を除き視聴料はかかりません。アンテナが故障しない限り、5年10年と長く使うことができます。

ですが電波を受信する機器だけに、戸建ての立地条件やアンテナの設定によってはキレイに映らないことや、特定のチャンネルだけ映らないということも出てきます。台風でアンテナがずれると映り方が変わることや、設置の際、新築の戸建ての屋根に負担をかけることも事実です。

・家電量販店
・ホームセンター
・ハウスメーカー
・アンテナ設置専門業者
・街の電気屋さん

などの業者にアンテナ工事を頼むことができますよ。

<ケーブルテレビでテレビ視聴するには?>

地域のケーブルテレビ会社と契約すると、ケーブルテレビを視聴できるようになります。ケーブルテレビは有料放送で、平均月額5,000円くらい支払って視聴します。ケーブルテレビは有料放送のぶん、専門チャンネル(BS/CS)が豊富にあります。ケーブルテレビ会社によってパックやセットがあるので、見たいチャンネルだけを選ぶことも可能です。

ただ、有料放送あってのテレビ視聴なので、地デジのみのプランがないケースや、地デジのみでも2,000円前後かかることがあります。またインターネットや電話を一緒に接続できることが多いのですが、ケーブルテレビは全体的にネットの速度は速くはないので、快適なインターネットライフを希望するなら光回線の方が良いでしょう。

さらにケーブルテレビ会社によっては携帯電話とのセットで携帯料金の割引が受けられる場合もあります。割引が適用になるか契約するケーブルテレビ会社に確認してみましょう。

<光回線でテレビを視聴するには?>

光回線を利用したテレビの視聴は、インターネットを利用する光回線に映像の信号を流して地デジやBS/CSを視聴します。光回線を利用したテレビ視聴は有線で視聴する方法なので、画質や画像が天候に左右されることはありません。また地デジのみのプランでは1,000円以下で契約できるので、有料放送を観ない方にもおすすめです。

有料チャンネルを視聴する場合でも、パラボラアンテナの設置なしで視聴することができるので、ランニングコストを考えるとケーブルテレビよりも安いでしょう。インターネットの速度は1G(ギガ)がほとんどで、携帯電話会社とセット契約するのもトータル料金を安くすることができますよ。

例えば、自宅のテレビ+自宅の電話+ネット回線+家族全員分の携帯電話をすべて一つにまとめると、支払いの一本化や割引が適用になり、トータル的に安く便利に利用できるようになります。ただ自宅の電話のみの契約ができないので、自宅の電話のみ欲しい方は別途契約をおすすめします。

自分に合ったテレビの視聴方法を選ぼう

テレビの視聴方法にはアンテナ工事が必要なもの、必要ないものの合計三種類があります。この中で自分のライフスタイルに合うのはどれでしょうか。戸建てに引っ越しする際に一番迷うところでもあるので、それぞれの視聴方法に合う人を紹介しますね。

<地上デジアンテナを立てるのが向いている人>

・民放はNHK受信料以外、1円も払いたくない
・BS/CSなどの有料チャンネルに興味なし
・民放しか観ない
・インターネットや電話は使わない・スマホ一つで十分間に合っている
・家の周辺に高い建物が建つ予定がない

<ケーブルテレビによる視聴が向いている人>

・有料チャンネルを必ず観ている・今後も辞める予定はない
・インターネットは使わない(使ったとしても速度にこだわらない)
・テレビ視聴料金と電話料金・インターネット料金の支払いを一つにまとめたい
・携帯電話とセットの割引を有効活用したい(au スマートバリュー)

<光回線による視聴が向いている人>

・インターネットが絶対必要!(速度は絶対快適で速いに越したことはない)
・地デジが観られるなら有料放送は見なくてもいい(あってもなくてもどっちでもいい)
・光回線とテレビのセットがある携帯電話会社を利用中(ソフトバンク・ドコモ)
・できるだけテレビ・スマホ・インターネット・自宅の電話の支払いをまとめたい

まとめ

戸建て住宅で地上デジタル放送を視聴するには、地デジ対応のアンテナが必要ですが、実際にはアンテナ工事なしでも視聴することができます。ただ、本来ならNHKの受信料以外は無料で観ることができる地デジでも、アンテナ工事不要のケーブルテレビや光回線を介した視聴を利用すると、工事費用や月々の費用がかかります。

有料チャンネルも視聴できるというメリットはあるものの、テレビは民放だけで良い!という方は、戸建てにアンテナ工事を施して視聴するのがベストでしょう。有料チャンネルのほか、インターネットやスマホ料金などと、支払いを一本にしたいならケーブルテレビや光回線の方が手軽に視聴できます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各アンテナ工事業者の公式ホームページをご確認ください。