戸建て住宅のアンテナ工事を頼むなら?各業者のメリット・デメリット

戸建て住宅でテレビのアンテナ工事を頼むなら、どこの業者に依頼したら良いでしょうか。大手または小規模の施工会社をはじめ、請負会社、個人によるDIY。どれもしっかりアンテナを設置してくれそうなイメージです。

実際にはサービスごとに特徴があり、大手だから安心、個人のDIYだから安く済むということばかりではありません。メリットやデメリットも含めて各サービスの特徴をご紹介します。

専門業者に戸建てアンテナ工事を依頼する場合

アンテナ工事を専門とする専門会社に工事依頼する場合、専門業者として知識や経験が豊富なことが特徴です。アンテナ工事専門と謳っていても、専門部署を持っているか、WEB上で専門の窓口があるという場合もあります。サービス名と会社名が同じか、どちらかが含まれている業者がおすすめです。

専門業者といえばハウスメーカーやリフォーム会社もある意味専門業者です。戸建て関連の業務をこなすので、アンテナ工事も扱う業者は少なくありません。ハウスメーカーやリフォーム会社に依頼するときのメリットとデメリットもチェックしてみましょう。

<専門業者にアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・専門業者だけに知識や経験が豊富、アナログ放送時代からアンテナ工事に携わってきた業者なら多岐にわたるアンテナ工事が可能。技術力も期待できる。

・デメリット・・・アンテナ工事以外の工事はややレベルが低い傾向。若い業者は築年数の経った戸建てには対応できない。ターゲットを新築専門や施工方法を絞り込んでいるケースがある。

<ハウスメーカーにアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・注文住宅なら建築中にアンテナ工事の相談が可能、少々特殊な工事にも対応可能。アンテナ工事の窓口を通さず施工でき、支払いを住宅ローンに組み込める可能性がある。

・デメリット・・・専門知識の面では期待できない可能性があり、工事費用が高い傾向。支払が住宅ローンと別の場合は、振り込みや現金払いのみのケースもある。保証がつかないことがあり、特殊な工事は未対応の業者もいる。監督との相性次第で希望が通るかどうか決まる。

<リフォーム会社にアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・リフォームと一緒にアンテナ工事をすれば足場代節約、配線の入れかえやテレビ端子の増設、衛星放送対応設備の導入などの手間が省けて、支払いをローンに組み込める可能性がある。

・デメリット・・・専門知識を持つ業者が対応するとは限らず、別の下請けに丸投げ&手数料上乗せの可能性がある。保証が全く付かないか有料になることがある。外注する場合は注意が必要です。

家電量販店やホームセンターに戸建てアンテナ工事を依頼する場合

家電量販店でもテレビのアンテナ工事依頼が可能で、工事費用に独自のポイントが付くことや、クレジットカード払いに対応していることが特徴です。クレジットカード払いにした場合、カードのポイントも付くので、普段からポイントを意識して貯めている方にはおすすめです。

地デジ工事はアンテナ代金一式を含む値段でも、BSアンテナはアンテナと付属品が別販売になっていることがあり、依頼するのに少々手間がかかることがあります。また既存アンテナを交換する場合、撤去したアンテナを処分してくれるところと、処分しないところがあります。同様のスタイルで工事を依頼できるホームセンターについても解説します。

<家電量販店にアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・家電量販店のポイントが貯まって使える。支払い方法が豊富で対面して受付が可能。

・デメリット・・・夏場はエアコン設置で忙しくアンテナ工事に消極的。工事の品質にムラがあり、保証は付かない可能性がある。工事の技術面でバリエーションが少なく、工事料金が高めの傾向。

<ホームセンターにアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・全国的にたくさんあるので依頼しやすい。さまざまな工事に対応、付属品を自分で選べることもある。

・デメリット・・・アンテナ工事の受注数が多くはないので、対応と技術にムラが生じることがある。電波が弱い場合は設置したアンテナが無駄になることがある。

地域によっては街の電気屋さんにアンテナ工事を依頼する方もいます。街の電気屋さんはさまざまな家電に対応することができるほか、日々の細かい電気関係のメンテナンスも含めて頼みやすいことが特徴です。きめ細かいアフターフォローがあるのも良いところでしょう。

家電量販店やホームセンターに比べると小回りが利く印象でも、工事費用は若干高め最新の装備や工事技術は期待できない傾向です。街の電気屋さんに依頼するときは、テレビのアンテナ工事の経験や知識が豊富な方に依頼することがおすすめです。

DIYや工事ができる個人にアンテナ工事を依頼する場合

テレビのアンテナ工事は「電気工事士」という資格が必要になるため、いくらDIYが得意で大好きでも、無資格で取り付けることは法律違反になってしまいます。電気工事の仕事をしている電気工事士の有資格者の知人がいるなら話は別でも、単純にDIYが好きなだけでは自分が所有する戸建てであっても工事はできません。

電気工事士の有資格者の知人にアンテナ工事を依頼する場合は、知人というだけで大きな安心感が得られますね。細かいところもサービスでやっておくといわれたら、頼んで良かったと心から感謝できそうです。

<電気工事士の有資格者の知人にアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・業者に依頼するよりは費用が安く済み、大きな安心感を得られる。アフターフォローも頼みやすい。

・デメリット・・・場合によってはおもてなしや気持ちを渡すために高くつくことがある。ある意味借りができる。戸建ての構造など見せなければならない。

電気工事士の有資格者には、便利屋さんや何でも屋さんがいます。もしも知人がいないときは、便利屋さん系を利用するのも良い方法です。

<便利屋さん系にアンテナ工事依頼するメリットとデメリット>

・メリット・・・基本的に便利屋さんなので、アンテナ工事以外のちょっとした修理や整備などもついでに頼める。交渉次第で工事費用が安くなる可能性がある。

・デメリット・・・業者によっては工事費用が不透明なことがあり、専門知識や技術面ではばらつきがある。

まとめ

テレビのアンテナ工事は、電気工事士の有資格者がいる業者なら、さまざまな業者に依頼することができます。ハウスメーカーやリフォーム会社をはじめ、日本全国に展開するホームセンターや家電量販店なら、多少の費用の差があったとしても、ほぼ間違いなく設置することができるでしょう。

また、便利屋さん系を含めアンテナ工事業者に依頼するときは、複数社に無料見積りを出してもらって比較検討することが大切です。もしも電話やWEBから見積り依頼するなら、戸建てと周辺の情報をできるだけ詳しく提供するとより具体的な見積りを出してもらえます。アンテナ工事を依頼するなら、身近な業者に見積りを出してもらうことから始めましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各アンテナ工事業者の公式ホームページをご確認ください。