アンテナ工事の種類を価格が安い順にご紹介します!

最近ではテレビやネットが欠かせなくなりました。アンテナが集める電波を利用していない人は、少ないでしょう。もしかすると、探してもいないかもしれませんね。そんな現代社会に必要不可欠な電波ですが、目に見えない分、私たちが認識しているよりもはるかに多くの種類が存在します。それは、電波を集めるアンテナに関しても同じことが言えるでしょう。このサイトでは、どのようなアンテナがあるのかを価格が安い順にご紹介していきますので、今からアンテナ工事を頼もうと思っている方は必見です!

アンテナにはどんな種類があるのか

アンテナには大きく分けて3種類あります。UHFアンテナ、CSアンテナ・BSアンテナの3種類に分けられます。それでは、各々がどのような役割やどのような電波を受信するのかについてご説明していきたいと思います。

まず、UHFアンテナについてお話しします。UHFアンテナは、地デジ(地上デジタルテレビ放送)の電波を受信するものになっています。UHFとは極超短波のことを意味します。これは周波数300MHz~3GHzまでの電波となり、その中でも470~710MHzの範囲のものをテレビ局が使用しています。

アンテナに関しましてはさらに3種類あります。八木式アンテナ・平面アンテナ・室内アンテナのものがあります。八木式アンテナは、一般家庭に最も設置され、高いところに設置するので電波を受信しやすいというメリットがあります。しかし、魚の骨のような形をしているため景観を損なうよな場合もあります。

次に平面アンテナです。平面アンテナは壁に取り付けるものが多いです。そのため、景観を損ないませんが、低い位置に取り付けるのでブースターと呼ばれるものが必要になるかもしれません。

最後に、室内アンテナについてです。室内で使えるので、コンパクトサイズのものが多いです。他のものに比べて安く設置ができるので、一人暮らしや単身赴任の間だけなど、少人数や短期間に電波を受信したいときに最適です。

続いて、CSアンテナ・BSアンテナについてご紹介します。こちらは衛星放送の際に使用されます。CSはコミュニケーションサテライト(通信衛星)、BSはブロードキャストサテライト(放送衛星)の略となっています。特徴としましては、CSアンテナとBSアンテナは同じ方向にあるので、両方に対応しているアンテナであれば、一つで済んでしまうというメリットもあります。

一つ注意点としまして、衛星は南西方向に存在していますので、そちら側の方向に大きな建物や電波を遮ってしまうようなものがないことを確認してからご購入してくださいね。CS・BSのテレビを見る際には、テレビにつなげるためのケーブルと、チューナーが内蔵されているテレビが必要となりますので、こちらも注意が必要になります。

アンテアのご紹介は以上です。何か参考になるものや、どのような番組がみたいか、などの想像はできましたか?では、次に値段についてご紹介します。

アンテナのお値段を紹介

ここでは、UHFアンテナ、CSアンテナ・BSアンテナの3種類の値段を紹介します。

UHFアンテナは、2,890円〜、CS・BSアンテナは11,900円〜となっています。やはり、地デジよりもBS・CSを見るためのものの方が高いことがわかりますね。

オススメのアンテナ

ここでは、オススメのアンテナについてご紹介します。見ることが多い番組によっても違うのですが、状況ごとにご紹介したいと思います。

テレビ(地デジ)を見ることが多い方にオススメなのは「UHFアンテナ」です。他には特にいらない、なんて方にオススメです。

BS・CSテレビでは、スポーツやアニメのチャンネルがあります。そのような感じで、幅広いジャンルの番組が見たい、スポーツやアニメしかメインで見ない、なんて人にオススメなのがBS・CSアンテナになります。

それそれの使い方によって使用するアンテナも異なりますので、何を見たいかがとても重要になってきますね。

まとめ

ここまでで、アンテナ工事についてどのような種類があるのか、価格はどれくらいが相場なのか、安い順にご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。何か参考になるものなどはありましたか?今の社会で生きていくためには、情報を集める機械が必要不可欠となっています。その情報を手に入れるためのお手伝いをするのがテレビやネットであり、それを支える電波、アンテナによってお手伝いをすることができると思っています。

アンテナ工事でも多くの種類があり、価格も様々です。その中で自分の生活に合ったものを生活に取り入れてより良い生活を送ってくださいね!

この記事をシェアする
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各アンテナ工事業者の公式ホームページをご確認ください。