台風で壊れた!アンテナ工事に適用され保険ってあるの?

電波を受信するアンテナは、私たちの生活から切っても切り離せない、そんな存在となりました。しかし、最近の台風や地震自然災害は思っても見ないほど被害が大きいものばかりです。そんな世の中ですから、アンテナが壊れってしまうことだってあるかもしれません。そんな時に、何か保険は使えるのではないか?と思ったことはありませんか?家屋に関しては地震や火災など非常に多くの種類がありますが、アンテナ工事に関してもあるのでしょうか。

アンテナ工事で使える保険

ここでは、アンテナ工事で使える保険をご紹介したいと思います。ここで、ご紹介するのは、火災保険です。これは火事で家が焼けてしまった、なんて時に使うものではないのか?と疑問を持つ方もいるかもしれません。

実は、火災保険の適用範囲はとても広く、台風などの自然災害などにも使用できます。強風や、飛来物でアンテナが壊れてしまったなんて時も、利用することができるのです。それには、いくつかの条件もありますが、また後で記載します。

災害時にも使える保険

災害時にも使える保険ということで、先ほど火災のものをご紹介しましたね。他にもあるのでしょうか。それはもちろん、他にも存在します。

例えば、雪災や風災などがあります。こちらは積雪などの重さによって屋根やアンテナが壊れてしまったりした時に使うことが可能です。また、風災のものは台風などの強風によりアンテナが壊れてしまった、なんて時に使うことができます。

アンテナ工事の時に使えるのは、火災保険だけでないことがわかりましたね!

アンテナは常に屋外にあり、様々な要因で壊れたりすることがあります。ですが、アンテナが使えないとなると生活がままならなくなってしまうかもしれません。どのような状況で壊れてしまうのか、どれくらいの雨風なら耐えられるのか、なんてことも一度電気屋さんやプロの方にご相談してみてはいかがでしょうか。

保険を使って修理を頼む時の注意点

火災保険でアンテナの修理をするときに、補償してくれると先ほどご説明しましたよね。では、どんな場合でも補償されるのか、されないときはどういうときなのか、など詳しく説明していきたいと思います。

では、まずどんな場合でも補償されるのか、という問いに対しての答えですが、それはNOです。ある場合には補償してくれないときがあるので注意が必要です。では、一体どんなときに補償してくれないのか、これから説明していきたいと思います。

それは、補償の期限が過ぎてしまったときです。多くの場合は、自然災害にあった日から数ヶ月、または数年以内の間に申請しなければなりません。これはそれぞれの保険によって期限は異なりますが、期限が切れてからでは1円足りとも補償してはくれません。

ご自身の保険の内容を今一度ご確認してみてくださいね。また、災害によって壊れた程度や、アンテナだけでなく家が壊れてしまったなんて時もありますよね。そんなときにも使えるのか、一度ご確認してみてくださいね。

まとめ

ここまで、アンテナ工事や修理の際にどのような保険が使えるのか、ご紹介してきました。様々なものがあったと思います。アンテナ工事をする際にも色々なものが使えることをこのサイトで知ることができたのではないでしょうか。

日本は災害が多い国と言われています。さらに、テレビやインターネットなどは私たちの生活には欠かすことのできないものとなりました。そんな私たちの生活を支えてくれているアンテナ。そんなアンテナを十分に安全に使い続けるために、このサイトで学んだことを利用してください。

この記事をシェアする
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各アンテナ工事業者の公式ホームページをご確認ください。