アンテナ工事に必要な免許の種類について

私たちの日常に必要不可欠なものとなった電波、それを受信するアンテナを設置するためのアンテナ工事は一体どのような人たちが行なっているのでしょうか。私たちはアンテナが集める電波によって豊かな生活(テレビを見る、ゲームをするなど)がおくれています。その助けをしてくれている方がたは一体どのような資格をもっているのかお話ししていきたいと思います。自分で設置してみたいなんて人も中にはいらっしゃるかもしれません、そんな方のお役に立てれば良いなと考えております。では、ぜひご覧ください。

アンテナ工事で必要な免許

アンテナを取り付ける際には、実は免許は必要無いんです。これは驚きですよね。アンテナを電気製品が売っているお店や通販などで購入し、家に取り付ける、設置する、という基本的な作業の中では、特に必要ありません。

しかし、アンテナ工事はとても危険を伴います。なぜなら、アンテナを取り付ける場所は屋根の上が大半だからです。そんなアンテナ工事で屋根から落下してしまった、屋根が壊れてしまったなんてことを聞いたりします。そんなことになってしまったら「アンテナなんてつけなければよかった」なんて後悔してしまうかもしれません。そのようなことを防ぐためにも、アンテナを取り付ける際にはプロの方にお願いするのが一番なのではないでしょうか。

先ほど、免許はいらないと言いましたが実際には専門家がいます。家電量販店などで買うと、設置のプロがきてくれます。その人たちは、安全にかつ迅速にアンテナをつけられるような知識を持っています。その知識は、これからご説明させていただく、免許を通してお話ししていきたいと思います。このサイトを読んでいる皆様のお役に立てればと思います。

免許がないとどうなる?

上でお話ししたように、アンテナを取り付けるだけならば免許はいらないことがわかりました。ですが、アンテナ工事の中には配線したり周辺機器(テレビやルータ)などの設置などの作業も含まれています。その際に、作業の内容によっては免許が必要になるかもしれないことをお話ししていきたいと思います。

ここで必要になる資格は「電気工事士」という名前の資格です。どんな資格なのかは次でご紹介していきたいと思います。

アンテナ工事に必要な免許の取得方法

電気工事士とは、どのような資格なのでしょうか。電気工事士とは、ビルや工場、一般の家屋などの電気設備を設置する際に工事を行うことができる資格となっています。

ここで注目していただきたいことは「安全」です。先ほど、免許を持っていなくても工事はできることをお話ししました。しかし、危険も伴うことも追記しましたよね。そのような危険を回避するために、重要な配線などは電気工事士の方にお願いします。

電気工事士になるためには、試験を受けなければなりません。試験は4択問題でマークシート方式の筆記試験と、実際に配線を作ったりする実技試験の2部構成となっています。実技試験の方は、出題傾向がまとめられたものが事前に発表されるようになり、勉強の仕方が定着してきました。

まとめ

ここまでで、アンテナ工事をする際に免許は必要なのか、ということについてお話ししてきました。いかがでしたでしょうか。自分でつけれるんじゃないか?と思った方も中にはいると思います。

ですが、危険なことでもあることは頭の片隅にでも入れておいてください。楽しい娯楽のためにアンテナをつけるはずが、屋根から落ちたり、最悪の場合命を落としてしまうかもしれません。そのようなことが起きないように、プロの方に頼むのも一つの手ですので、よく考えて見てください。

この記事をシェアする
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各アンテナ工事業者の公式ホームページをご確認ください。