マンションのアンテナ工事事情と映らない場合の対象法

マンションというと戸建てと違い様々な方が同じ建物の中に住んでいらっしゃいます。人が多い分、ある場所ではつかなくなってしまったりするなんてケースもあるかもしれません。そんな時にどのように対処すればいいのか、ということに重点を置いてお話ししていきたいと思います。現在マンションで暮らされている方や、これからマンションに住もうと思っている方必見です!

マンションのアンテナ事情

ここでは、マンションのアンテナ事情についてお話ししていきたいと思います。

ところでアンテナはどこに設置されているのかご存知ですか?マンションの場合、各部屋のベランダにあることは珍しいものとなっています。多くの場合は屋上付近に設置されています。そこからケーブルを伸ばして、壁伝いに各部屋のテレビにつながっていることが多いです。

部屋のベランダにあるよ!という人は最初から備わっているものとは別のアンテナの可能性もありますので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

多くの方と共同で何台かのアンテナを使用しているので、写りが悪い時もあります。特に災害の時や雨のとき、近くに大きなビルがたってしまった時などにも映らなくなってしまうことがあります。そのような時の対処法などもお話ししていきたいと思います。

マンションでテレビが映らない時

ここでは、マンションでテレビが映らないときの対処法についてお話ししていきたいと思います。

まず、映らなくなった時にやっていただきたいことは、配線のチェックです。アンテナケーブルと呼ばれる線でつながっていることが多く、その配線は年を経るごとに劣化してしまいます。途中で断線していたり、家具の配置から折れ曲がっていたりしているかもしれません。そのような時は、管理人さんに言いにいくことをお勧めします。

断線などしていて、銅線が見えていたりするととても危険です。特に小さいお子さんがいるご家庭は注意が必要です。万が一感電してしまうかもしれないので、早期に発見した場合は報告が重要になって来ます。

こういうときは注意!

マンションで電波が悪くてテレビが映らない時もあります。そんな時に注意をして欲しいのが「勝手に触らない」です。アンテナの向きがおかしいのかな?と思って向きを変えてしまうと、プロの方に来ていただくか、最悪の場合取り替えが必要になるかもしれません。

アンテナは個人で取り付けることも可能なほど、扱いは簡単ですが、外すときは手順が倍近く必要になります。そのため、プロの方にお願いすることが多いです。そのようにして、注意しなければならないこともたくさんありますので、何かおかしいな、と思った際には専門家に聞くことをお勧めします。

まとめ

ここまでで、マンションのアンテナ事情やテレビが映らなくなった時の対処法などをご紹介して来ました。ここでご紹介させていただいたのは一部でしかありません。

マンションに住んでいらっしゃる方は、こんなのもあるよ!と思われるかもしれません。そうなんです。マンションという大きな建物では、届かないこともあったりして不便な時もあったりします。ですが、常に管理人さんが検査をしてくれているので、自分で行う手間がないこともいいところです。メリットもデメリットもありますが、上手に付き合っていく方法の一部をご紹介できたと思うので、何か一つでも参考になっていればいいなと思います。

この記事をシェアする
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各アンテナ工事業者の公式ホームページをご確認ください。