• > 
  • アンテナの種類について

アンテナの種類について

地デジ放送とBS、CS放送

アンテナ工事する際に、まずはどんな放送を見たいのかというのを決めましょう。通常のテレビアンテナであれば、埼玉に限らず全国どこでも地デジ放送を見ることができます。地デジ放送とは大手の民放放送、埼玉の放送局の放送です。地デジ放送以外のBS放送やCS放送も見たいという方は、それらが見られるアンテナを選んで設置しなければなりません。BS放送は、民放のものであればBS用のアンテナさえ設置すれば、無料で見ることができます。BS放送とCS放送では有料プログラムも多種多様にあります。別途放送局と契約をして、適切なアンテナ工事を行う必要があります。新居のアンテナ工事をされる方は、この機会にBS放送なども見られるアンテナを設置する方が多くいます。

一番受信強度が高いアンテナ

テレビ放送の電波をきちんと受信できないと、放送を見ることができません。受信強度によって、アンテナの種類が変わってきます。一般的に、アンテナと言えば屋外の屋根の上などの高い位置に設置されています。しかし、屋内に設置するアンテナというのもあります。もちろん、屋外に設置するもののほうが、電波を受信しやすいと言えるでしょう。屋外に設置するアンテナには、まず八木式アンテナというものがあります。これは、みなさんも見たことがあるかと思いますが、アンテナと言われて想像するような棒状の骨組みでできたものです。埼玉の中でも、山や高い建物などの障害物が近くにあるような場所にお住まいの方にはこのアンテナ工事がおすすめです。一番受信強度が高いアンテナです。

デザイン性を考えたアンテナ

放送の受信強度ももちろん大切ですが、こだわりの新居を建てた方はアンテナ工事をすることにより、家の外観が損なわれてしまうことを心配される方もいるでしょう。八木式アンテナは、受信強度は高いですが、いかにもアンテナという形なので、設置する場所や家のデザインによっては、不恰好に感じてしまう方もいます。そんな方におすすめなのが平面タイプのアンテナです。これは、その名の通り平らな四角の箱のような形のアンテナです。小さいので、家のベランダや壁といった場所に目立たないように設置することができます。外観を損なうことがないので、デザインを重視される方にはおすすめです。埼玉で近くに障害物がなく、受信強度に心配がなければ、こちらを選んでもよいでしょう。

この記事をシェアする