• > 
  • アンテナ工事で必要なもの

アンテナ工事で必要なもの

自分で考えておくべきこと

アンテナ工事を埼玉の業者に頼む前に、まず自分で考えておいたほうがよいことなどについてお伝えします。まずは、どんな種類のアンテナを設置したいかです。地デジだけでいいのか、BSやCSを見たいのかを決めておきます。取り付けたいアンテナの種類も事前に考えておくとよいでしょう。業者によっては、取り扱いされていない場合もありますので、事前に決めておけば、業者選びがスムーズになるでしょう。それから、テレビです。アンテナ工事をする前に、テレビを購入しておきましょう。工事をしないと見られないから、と後回しにする方もいますが、工事後に実際のテレビで電波受信の有無をすぐに確認するためにも、工事を依頼する前に購入しておいたほうがよいです。

工事で必要なもの

埼玉でアンテナ工事を業者に依頼する場合、必要なものは業者が全て準備してくれます。しかし、その中にはどんなものが含まれているのか、自分で知っておけば業者の方とスムーズに話が進められます。一般的に、業者に依頼をすると施工の前に見積書をもらいます。その中にあるものが何なのかよくわからずに工事を頼んでしまうと、不安です。工事で必要なのは、もちろんアンテナです。そして、ブースターというものがあります。これは、アンテナを補強して映りをよくするものです。消耗品というものも工事に要ります。これは、アンテナを設置する際に、固定したり、繋いだりするために使う細々した部品などです。これらは全て業者が準備するものとなります。

工事の前に準備すべきこと

アンテナ工事の業者をうちに呼ぶ前に、うちで準備しておくことがあります。まずは、テレビを購入し、それをどの部屋のどの場所におくか決めて、そこに置いておくことです。埼玉の業者が、住宅の状況を踏まえて、アンテナの設置場所を決めます。そして、配線をしていくことになります。アンテナは屋根の上のほうやベランダなどに設置するのが一般的です。壁に設置するタイプもあります。その日は屋根や家の壁に上がるためのスペースを確保しておきましょう。庭や駐車場などをきちんと整理しておくとスムーズに屋根のほうに上がることができます。また、ベランダに設置したいのに、当日うっかり洗濯物を干したままにしておいたりすることもないようにしましょう。

この記事をシェアする