• > 
  • アンテナの設置で注意すべきこと

アンテナの設置で注意すべきこと

設置するアンテナをしっかり相談する

まずは、アンテナを設置する前に、アンテナ工事業者と設置したいアンテナをよく相談しておきましょう。現在住んでいる埼玉のうちの周囲の環境によって、自分の希望通りのアンテナを設置できない場合もあります。事前に周囲の環境などについて、しっかり把握しておきましょう。もし希望のアンテナが設置できないときは、業者の原因なのか、周囲の環境によりどうしても設置できないという事情なのかを判断することができます。例えば、デザイン性のある小型のアンテナを設置したくても、電波の入りにくい環境であればあきらめざるを得ません。電波の入りにくい環境というのは、ビルや山などの障害物がある場所です。また、広い工場や鉄道、変電所、高圧線など付近も電波が入りにくいです。

どこに設置したいのかを考える

どんなアンテナを設置するのかを決めたら、どこに設置したいのかを考えましょう。電波がよく映るのであればどこでもいいというのであれば、埼玉のアンテナ工事業者におまかせしましょう。もし設置する場所に希望がある場合は、工事の前に業者に話しておき、設置できるかどうかを確認しましょう。たとえば、屋根の上に設置するタイプのアンテナであれば、どのあたりに設置したいかやこの場所は避けてほしいなどの要望があれば、相談しましょう。電波の受信しやすさや、場所のスペースなどにより要望通りにできるとは限りませんが、事前に相談することが大切です。ベランダに設置する場合も同様です。ベランダだと外から目立たなくていいですが、普段の洗濯のことなどを考えて邪魔にならないかどうかを考えましょう。

ブースターを設置する場合

テレビアンテナ工事をする際に、アンテナと一緒にブースターを取り付ける場合があります。これは、電波の増幅率を調整する役割があります。つまり、電波を受信しやすくするということです。このブースターには手動調整するものと、自動調整するものがあります。普段は調整する必要はないのですが、埼玉で住んでいる場所の受信環境が変化した際に調整が必要になってきます。手動のものだと、自分でもしくは業者を呼んで調整しなければなりません。それから、ブースターにも屋内に設置するものと屋外に設置するものがあります。屋外のもののほうが電波の増幅の効果が高いです。ブースターの価格も異なりますので、ブースターを設置する場合には、どのタイプのものを設置するのかをアンテナ工事業者の担当者と相談しましょう。

この記事をシェアする